ゴブナイトはレガシーでも陽の目を見るか? - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG » ゴブナイトはレガシーでも陽の目を見るか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴブナイトはレガシーでも陽の目を見るか?

12/26 追記
ゴブナイトデッキ作りますた。レガシー版はここからデッキリストへ飛べます。

モダン版カルドーサレッドはこちらから




試合開始からわずか10分で勝敗が決する。


それが、俗にスライと言われる超速攻ビートデッキの最大の魅力だと思う。


オパールのモックス

オパールのモックス
価格:2,680円(税込、送料別)



メムナイトやオパールのモックスなど、0マナのアーティファクトをカルドーサの再誕の餌にしてゴブリンを並べる。

後は信号の邪魔者やゴブリンの戦煽り、ゴブリンの酋長で全体強化し敵陣へ流れ込むという極めて前のめりな特徴を持つカルドーサレッド。

2ターン目から10点以上のダメージを叩き出すことも珍しくなく、3ターン目にはゴブリンの手投げ弾をぶち込んでくる。

コントロールはおろか、ウィニーですらその圧倒的電撃戦の前には歯がたたない。


スライ系は一般的に5ターン目に勝負がつくとよく言われ、逆に言えば5ターン目に勝てなければ投了してもいいくらい。

そういった潔さも個人的には魅力的だとすら思っている。



さて、このデッキタイプが脚光を浴びたのはスタン環境だった訳で、キーカードの一つだったゴブリンの奇襲隊がスタン落ちしてしまった現在、思い切ってレガシー環境でやれるのか、という一つの仮説に基づいて現在ほぼ当時のスタン環境の構成のまま、レガシー環境でやれるカルドーサレッドを構築中。


赤には幸い、強力な火力がたくさんある。有名所は稲妻だろうかな。
またどうせゴブリンが大量に並ぶためゴブリンの手投げ弾も是非押さえておきたい。


何故こんなにカルドーサレッドを気にするかというと、その安さにあるんですねこれが。


最高値でせいぜいオパールのモックス。
あとはコモンアンコでほとんど固まってしまうため1万を下手すれば切る値段で作れる。

そう、かのデュアルランドが惜しげもなく積まれたデッキを蹂躙できる!


まあ夢物語に近いところございますが、その圧倒的爆発力は生唾モノである。


早い、安い、(ダメージが)ウマイ! という三点揃い踏みのカルドーサレッド。
その再興に、一役買ってみたい今日この頃。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Skype通話には回線の良さもそうですが、PC自体もある程度の処理能力があるとなお良いとオモイマス。

マウスコンピューター/G-Tune

価格.com ブロードバンド
関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/103-293d10b4

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。