自分がタブレットPCを使うわけ - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» PC » 自分がタブレットPCを使うわけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分がタブレットPCを使うわけ

今日は腹の底からどうでもいい飲み会に強制連行されておりましたが、まあそのgdgdな内容はさておきiPhoneがらみで面白い話が。

まあ、隣に座った営業畑の人からiPhoneとかiPadってどうなのよ? と聞かれたのが発端。


正味自分は常に手元にあって、それが自然となっていたからそういえば何だろう? と今更考えこんでしまったわけで。

で、思いついたのは幾つか。
まず、自分ははデスクトップもノートもあるし、その上でタブレットPCもあるという状況。
ただ、決定的にPCとタブレットの違いは何かというとその直感的な操作というところ。


デスクトップにせよ、ノートにせよどちらもポインタデバイスを介して操作する訳で、それがマウスであったりトラックパッドたったりする訳で。

一方のタブレットにはそれがない訳だ。操作したいアプリがあれば、それを直接触る、と。


具体的に言えば、マウスにあたる部分がそのまま自分の指になる。
こういった直感的な操作はPCにはない点で、それがタブレットの特徴(あえてメリットという表現は避けて)なんじゃなかろうか?

そして取り回しの良さの点でも。
ウルトラモバイルなどの小型PCも幾つか出ている中で、起動するまでのプロセスがこの2者では大きく異なる。

ノートなどは
カバンから取り出す→適当なところに置く→モニタを開く→電源を入れるorスリープから起こす→操作

となる一方、タブレットは
カバンから取り出す→(iPadなら)ホームボタンを押す

となる。はっきりいってノートの適当なところに置く、という動作は傍から見ていてかなり邪魔臭い。対知人でももしかしたら煩わしさを感じられるんじゃなだろうか。タブレットにはそれが無く、手にしたまま操作を始められる。これは、ファイリングされた紙の資料をペラペラめくる動作がそのままタブレットの起動に置き換わった、とも言える。


もっと言えば、資料ごとのファイルをいちいちカバンから出し入れしなくてもタブレットは画面上で全てまかなえてしまえるという寸法だ。

僅かな時間でも目の前でごちゃごちゃしているのを見るのは結構な苦痛を感じてしまう。
やっぱり見た目の軽快さ、スマートさ(体型は別w)は結構要素として大きいと思う。


無論、すべての資料をじゃあiPadに入れれば幸せになれるかといえば、そうでもない。
やっぱり紙でだされる資料も欲しい。一画面で得られる情報量がやはり違う。2つの異なる資料をいちいち一画面で往来させるのは限界がある。


なので、割りきって使うと言うか、タブレットではアウトラインを形成する資料という具合で分けて使う必要も出てくる。


直感的な、軽快な操作性

言葉では伝えきれないところ。
それでも、それこそがタブレットに求められているところなんだと思う。



仕事でも、もっとタブレット使える人が増えて欲しいなぁ、という今日この頃。まあ来世紀あたりに期待かww















マウスコンピューター/G-Tune

AppBank Store
関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/137-d2ffb55f

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。