【MTG】正しいマリガンのやり方 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG » 【MTG】正しいマリガンのやり方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】正しいマリガンのやり方

ここのところMTGの小噺ばかりである。

まあいいや。
今日はマリガンの話をしたい。


そもそもマリガンとは

マリガン/Mulliganとは、最初に引いた手札が気に入らない場合、新たに手札を引き直せるルール。(WIKIより)




てな訳で一枚減る代わりに初手引き直してもいいよ! というアレ
正直、今更な話がしないでもない。



とはいえ初手を重視する人にとっては軽視出来ないルールな訳で。
一枚減らしてでもやり直すか、それとも微妙な手札だけども続行するか迫られる訳である。

だがしかし、例え初手がいくらダメダメでも「このクソ手札が!」とか叫んだら非紳士的行為としてリアル追放を喰らう可能性もある。

なので、色々なマリガンのやり方を今日は羅列してみようと思う。

CASE1
マリガンします

極めて通常のマリガンの仕方。よほど言い方がアレでなければまあ大丈夫。


CASE2
マリガンせざるを得ない

よっぽど困窮した時とか、ダブルマリガンする時とかはまあこの位がいいでしょう。下手したら覇王翔吼拳を使わざるを得ないんですか? とか言われそうですが。

CASE3
手札がダメだから、今日はマリガン記念日

ちょっとポエマーに。緑とか使ってる時につい使っちゃいたくなりますね。サラダなだけに

CASE4
oh.... fuckin Mulligan

外国人風に。諸外国の人たちってマリガンする時ってどう言うんでしょうか? 

CASE5
ノーランドだからと言って、何が問題なんでしょうかねぇ? ターンエンドです。

報道ステーション風に。知的な雰囲気を醸し出したい人へ。もはやマリガンすらしていませんが。

CASE6
違う、今日の手札はスピリチュアルな感じが……バシっバシっ、マリーガン(笑)

いつもと違うマリガンをしたい時に。


マリガンする時もちょっと心の余裕を持ちたいですね!



え? 二番煎じ? 知らんがな(´・ω・`)



 





AppBank Store

マウスコンピューター/G-Tune
関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/146-5c8991a6

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。