【MTG】スタン環境の親和エルフは甘えている - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG(デッキ構築) » 【MTG】スタン環境の親和エルフは甘えている

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】スタン環境の親和エルフは甘えている

イニストラードではすっかり姿を見せなくなったエルフ軍団。
しかしまあ、ミラディンの傷跡ブロックではそこそこ居るので親和エルフっぽいデッキを作ってみた。

タイトルにある通り、色々甘えているけどな!




甘えたエルフデッキ 60
フォーマット:スタン(M12、ミラディンの傷跡、イニストラード)

31 クリーチャー
4 ラノワールのエルフ
4 林間隠れの斥候
4 エズーリの射手
4 銅角笛の斥候
4 ヴィリジアンの密使
4 エルフの大ドルイド
3 背教の主導者、エズーリ
2 順応する自動機械
3 ファイレクシアの変形者


8 呪文
4 暴走の先導
2 踏み荒らし
2 二重の詠唱 

21 土地
21 森 

15 サイドボード
2 苦行主義
4 レインジャーの悪知恵
4 秋の帳
3 緑の太陽の頂点
2 不死の霊薬
 



まず甘えている点
1、全体強化が乏しいからって順応する自動機械とファイレクシアの変形者を入れたこと
2、どう考えても漸増爆弾ぶっ刺さるのにこの構成にしたこと
3、オーバーキル臭しかしない構築にしたこと
4、装備品入れればいいのに甘えと思い込んで更に甘えた構築にしたこと


お前「甘え」って単語使いたいだけやんww
というのは無しねw

ちなみにまあ、動かしてみたら意外と面白いのは
・暴走の先導で手札増えまくる。銅角笛の斥候の効果でまるで遺産のドルイドばりにマナ加速が発生する
・4枚しか土地ないのにエズーリの能力×2
・オーバーキル

って感じ。

大ぶりだけどもね、まあ次のアヴァシンの帰還ではクリーチャータイプ指定で打ち消されなくする土地も出ることだし、調整してみる甲斐はありそう
関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/240-1235bf88

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。