【MTG】孤独な亡霊のポテンシャル【アヴァシンの帰還】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG(デッキ構築) » 【MTG】孤独な亡霊のポテンシャル【アヴァシンの帰還】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】孤独な亡霊のポテンシャル【アヴァシンの帰還】

皆さん、いよいよアヴァシンの帰還が発売されましたね!
人間勢が隆盛しすぎて本格的に黒が息していないセットですが如何お過ごしでしょうか。


私めはまあ、ボックス買いを致しまして、ざっとカードを眺めておったわけですが。
今日は気になるカードを紹介しつつそのポテンシャルを考察していきたいとおもいます。




1phhl9yo4g_jp.jpg

Lone Revenant / 孤独な亡霊 (3)(青)(青)
クリーチャー — スピリット(Spirit)
呪禁(このクリーチャーは、あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。)
孤独な亡霊がいずれかのプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたが他にクリーチャーをコントロールしていない場合、あなたのライブラリーの一番上から4枚のカードを見る。それらのうち1枚をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
4/4



ややマナコストが重い呪禁持ちのスピリット。戦闘ダメージを与えれば毎ターン衝動をうてる。
こいつはコントロール系に入れると大変素晴らしい。


こいつは単純に呪禁持ちの為、単体除去を受け付けない。布告系か全体除去でしか排除できないのだけども、マナコストから考えて、そもそも序盤に出すカードではないだろう。つまり、相手クリーチャーを除去などして隙が生まれたところにこいつをぶち込めば良いという訳だ。

能力誘発の条件が単騎という事だけれども、そもそもクリーチャーを並びさえしないコントロール系には関係の無いこと。審判の日→孤独な亡霊というのでも良いだろう。

唯一の弱点は回避能力を持たない事だけども例えば解放されたもの、カーンやギデオン・ジュラ。もしくはヴェールのリリアナなど強力なバックアップを用意しておけば何も問題ない。4点クロックを刻みながらそのターンごとに必要なカードをデッキトップから選んでいけるというのはDou考えてもマジキチそのもの。

また伝説では無いため、対消滅の心配もない。こいつ自身をコピーされてしまったら少々厄介ではあるけどその頃には既に場の制圧は完了しているだろう。


何にせよ、コントロール系のデッキには入れて損は無いと思う。
ライブラリーを掘り進めることのやばさをぜひとも味わって欲しい。









マジック:ザ・ギャザリング アヴァシンの帰還 ブースターパック 日本語版 BOX
マジック:ザ・ギャザリング アヴァシンの帰還公式ハンドブック (ホビージャパンMOOK 446)

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/245-270d7965

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。