【MTG】アヴァシンの帰還後の優秀リアニ系クリーチャーを考察 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(デッキ構築) » 【MTG】アヴァシンの帰還後の優秀リアニ系クリーチャーを考察

【MTG】アヴァシンの帰還後の優秀リアニ系クリーチャーを考察

今日は久しぶりにレガシーのお話。

アヴァシンの帰還参入後のレガシー環境における優秀なリアニメイトクリーチャーをピックアップ


Griselbrand / グリセルブランド (4)(黒)(黒)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — デーモン(Demon)
飛行、絆魂
7点のライフを支払う:カードを7枚引く。
7/7


やはりこいつは外せない。
場に出てしまえばその圧倒的ドロー能力を相手の呪文や能力に対応して起動。
アドバンテージを稼ぎながら次の対応を決められるというのは最高ですね。

除去耐性は黒で在ること以外に無いけれども、とりあえず能力起動で次のクリーチャーを呼ぶことも容易い。
一回でも殴れば更にライフ回復→ドローへ、と延々とループに近い事も。


Sigarda, Host of Herons / 鷺群れのシガルダ (2)(緑)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel)
飛行、呪禁
あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力は、あなたにパーマネントを生け贄に捧げさせることができない。
5/5

おそらくレガシーリアニ環境における墨溜りのリバイアサンの枠を奪いかねない凶悪クリーチャー。


ちなみに墨溜りのリバイアサンの能力はこちら

Inkwell Leviathan / 墨溜まりのリバイアサン (7)(青)(青)
アーティファクト クリーチャー — リバイアサン(Leviathan)
島渡り、トランプル、被覆
7/11




似ているようで、相手によってはどちらも出た瞬間に投了に追い込むことすら可能なデカブツ軍団。
シガルダと墨溜りとの違いは

・除去耐性
シガルダ →呪禁、生け贄効果無効
墨溜り →被覆

・攻撃性能
シガルダ →飛行、パワー5 タフネス5
墨溜り →島渡り トランプル パワー7 タフネス11

・総括
シガルダ →呪禁と生け贄無効、更に飛行持ちで序盤に出ると止める術がほぼ無い。被覆と違い、装備品で更に強化可能。布告系除去を無効化も出来る為、黒入りのデッキ相手に序盤から出すことで優位に立てる。
墨溜り →被覆と島渡り、トランプル及び高いタフネスで硬い。被覆の為、単体強化は苦手(そもそもその必要があるのかどうかも疑わしいけど)。青のカードで在るため、Force of Willのネタに使うことも可能。



ちなみに良くレガシー環境で使われる天使は以下のとおり

Angel of Despair / 絶望の天使 (3)(白)(白)(黒)(黒)
クリーチャー — 天使(Angel)
飛行
絶望の天使が戦場に出たとき、パーマネント1つを対象とし、それを破壊する。
5/5



Iona, Shield of Emeria / エメリアの盾、イオナ (6)(白)(白)(白)
伝説のクリーチャー — 天使(Angel)
飛行
エメリアの盾、イオナが戦場に出るに際し、色を1色選ぶ。
あなたの対戦相手は、選ばれた色の呪文を唱えられない。
7/7



Empyrial Archangel / 浄火の大天使 (4)(緑)(白)(白)(青)
クリーチャー — 天使(Angel)
飛行、被覆
あなたに与えられるすべてのダメージは、代わりに浄火の大天使に与えられる。
5/8





どれも場にいるだけで優位に立てる優秀な天使。
その中でもシガルダは自力で殴っても良い、といえるようなアタッカー系でしょう。
ちなみにアヴァシンは出たとしても剣は鋤に、や流刑の道、その他バウンスなどで対処されるのが目に見えている為割愛。スタン環境ならまだ頑張れたかもしれないけどね・・・



ちなみに僕はこれ以外にも霜のタイタンをリアニデッキに投入していたりしまつ。
序盤から相手の土地を縛って、しかも対処しようにも追加のマナコストが必要になるというw いわゆるハメパターンってやつですw

関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/262-039e2bcf

これからアルバイト探し