【MTG】レガシーやモダン環境への下準備 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(デッキ構築) » 【MTG】レガシーやモダン環境への下準備

【MTG】レガシーやモダン環境への下準備

さて、M13がまもなく発売という事でそろそろスタン落ちが気になる時期になって来ました。


M13でM12が、ラヴニカが出ることでミラディンの傷跡ブロックがそれぞれスタン環境で使用できなくなります。
カードリスト見る限り、M12のタイタンサイクルや法務官サイクルなど、現在のスタン環境にてよく使用されているカードが使えなくなるのはとてもさみしいものです。


しかし、そこでこれらのカードを売却するだなんてもったいない!



せっかくだからそのままモダン環境に参加したら良いと思うんですよええ。
ミラディンの傷跡の剣サイクルなんてあまりにも強すぎて中にはレガシーでも登場していたりしますもの。

それでも、新規で入ったor復帰した方には1からカードを揃えるのは、まあ大変ではあります。
なので、ちょっと発想を変えて、モダンや、あわよくばレガシー用のカードを揃える方法を考えてみましょう。


1、スタン環境で使っていたデッキをモダンでそのまま使用する。

はじめから全否定しているような気がしますがまあそれはさておき。
実際、現スタン環境でよく使われている白青デルバーなんてそのままそっくりモダンに持ち込んでも遊べる程の完成度の高さであります。また、リアニメイト系も屈葬の儀式のおかげでコントロール系のリアニメイトもまだまだ参入出来る余地があります。

出産の殻デッキを使っている方は直ちにシルヴォクののけ者、メリーラを手に入れて適当な頑強持ちクリーチャーを入れればあっという間に無限頑強の完成です。

gokiburi.jpg

Kitchen Finks / 台所の嫌がらせ屋 (1)(緑/白)(緑/白)
クリーチャー — アウフ(Ouphe)
台所の嫌がらせ屋が戦場に出たとき、あなたは2点のライフを得る。
頑強(このクリーチャーが死亡したとき、その上に-1/-1カウンターが置かれていなかった場合、それを-1/-1カウンターが1個置かれた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。)
3/2



仕組みとしては

台所の嫌がらせ屋が死亡する→頑強で戻ってくる→メリーラが居るせいで-1カウンターが乗らない→何度でも頑強


という感じ。
あとは適当に生け贄に捧げさせるカードがあれば∞ライフで御座いますw

もちろん他の頑強持ちと組み合わせてもok


スタン環境では考えられないほど安定した無限コンボの為、現在のモダン環境でも人気を博しているデッキタイプです。



2,オークションなどで引退する方のカードを買い取る。
例えばYahooオークションで「MTG 引退」と検索すると結構大量カード放出のオークションがヒットします。
中にはデッキまるごとを出品している事もあるので、あとは財布と相談してみましょう。個人的には3万程度の内容であれば問題なくモダンやレガシー環境に参加出来るだけのカード資産が手に入るかと。



時にはシングル買いするよりもはるかに安い金額で購入できることもあります。ただしヤフオクの場合、1枚1枚購入となると手数料で割高になる場合もあるので気をつけて下さい。

モダンやレガシーだとローテーション落ちが無いのが強み。
お気に入りのカードをずっと使い続けられます。愛ってやつですね



是非是非、スタン落ちしたから、と悲観的にならないで新しい環境でのMTGを楽しんで頂きたいですw









関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/286-167def92

これからアルバイト探し