【MTG】レガシーイベントに同盟者で参戦してきました - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG(大会レポート) » 【MTG】レガシーイベントに同盟者で参戦してきました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】レガシーイベントに同盟者で参戦してきました

先日レガシーの非公式イベントがあったので参加。
持ち込んだのは以前作ったナヤ同盟者を改良したもの

とりあえず以下デッキリスト

60 ナヤ同盟者
フォーマット:レガシー


29 クリーチャー
4 ハーダの自由刃
4 カザンドゥの刃の達人
4 教区の勇者
4 アクームの戦歌い
4 ヘイラバズのドルイド
3 城壁の聖騎士
2 刃砦の英雄
2 オキシド峠の英雄
2 オランリーフの生き残り


8 呪文
4 雲隠れ
4 兵員への参加


23 土地
4 魂の洞窟
2 ガイアの揺籃の地
2 ガヴォニーの居住区
5 平地
4 森
2 山
1 根縛りの岩山
1 断崖の避難所
2 陽花弁の木立ち

15 サイドボード
3 石のような静寂
1 墓掘りの檻
2 外科的摘出
2 溶解
2 ガヴォニーの騎手
2 堂々たる撤廃者
2 赤霊破


値段の関係でデュアランはM10ランドに据え置きしますた
そして対戦レポ。参加人数は9人。


☆1戦目 VSベルチャー
×○○ WIN

しょっぱなからハンドがオ㍗ル状態だったのでまさかのトリマリ。
まあガン攻めデッキなのでベルチャーを止められず、淡々と起動されて敗北。

2、3戦目は石のような静寂を投入してさっさと設置。ベルチャーを即刻置物に変えた後、同盟者をガンガン並べて殴り切る。ワンパターンパンチ美味しいです。

☆2戦目 VSエルフ
×× LOSE
対横に並ぶ系のデッキ相手には凄く弱いというのがよくわかった一戦。こちらが同盟者や人間がでないと強化できないのに対し相手はマナ加速も含めて全体強化をしてくる。止めにアクローマの記念碑も貼られてしまったのでますます手が出せない。


亡霊の牢獄やハルマゲドンをサイド検討するべきだったかななんて思う昨今。
ほんとエルフはブン回るときつい、あ、他のデッキもそうかw


☆3戦目 VS白青石鍛冶
○○ WIN
レガシー環境において一番やりにくい、というかメタらなきゃいけなかった相手。
一戦目は順調に同盟者が並び切って勝ち。2戦目は石のような静寂と赤霊破、溶解をガン積みして対アーティファクト(装備品)に備える。

石のような静寂が無事に着地した後は石鍛冶が出てきてもそう恐れること無く、数で押し切って勝利。


☆4戦目 VSスニークショウ
○○ WIN
キーカードさえこなければそのままノーガードで殴れると判断。テンポを崩されないように序盤から打点を稼がなければならないため、4マナ域のカードはごっそり入れ替え。魂の洞窟で打ち消されないようにしつつ人間・同盟者を並べ、さらに堂々たる撤廃者を場に出して一方的なビートを作って勝ち。


結果3-1


4戦やったところでだいぶ長丁場だった為、上位はダイスで決めることにw
自分は一番数が小さかったため3位という結果。


総評
・刃砦の英雄といった4マナ域のカードはレガシーでは微妙な感じ。トークン生成も兼ねる遍歴エルズベスやアジャニの方が良いかも知れないという感じ。
・石のような静寂がかなり強かった。親和相手ではやや微妙かもしれないけど、おいたもの勝ち、という状況がなんどもあったのでこれからも採用を検討したい。
・純粋なビートダウン相手やハンデスを含めたコントロール寄りのビートにはかなり苦しい。突破力に欠けるのでその点をどうするかが今後の大きな課題。やはり4マナ域のカードを抜いて、あいた枠をどうするかが非常に悩みどころ。





なお、その日の夜から関西方面入り。
色々やってきたんだけど、それはまたの機会にw







関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/307-e0548bec

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。