【MTG】留置+居住ビートを作ってみよう - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(デッキ構築) » 【MTG】留置+居住ビートを作ってみよう

【MTG】留置+居住ビートを作ってみよう

ラヴニカへの回帰が発売されてはや数日。皆様如何お過ごしでしょうか?

という訳で、早速新キーワードである「留置」と「居住」を使ったデッキを作ってみたよ!




61 留置+居住
フォーマット:スタン(M13、イニストラード、ラヴニカへの回帰)



15 クリーチャー
3 リーグの空騎士
4 瞬唱の魔道士
3 ドラグスコルの隊長
3 地下牢の霊
2 静穏の天使

23 呪文
3 戦慄の感覚
4 大笑いの写し身
2 雲隠れ
2 拘留の宝球
3 送還
3 根生まれの防衛
2 否認
2 アゾリウスの魔除け
2 セレズニアの魔除け

23 土地
1 平地
1 森
1 島
1 ガヴォニーの居住区
2 幽霊街
4 寺院の庭
4 神聖な泉
3 内陸の湾口
3 氷河の城砦
3 陽花弁の木立ち

15 サイドボード
2 真髄の針
1 否認
2 安らかなる眠り 
2 至高の評決
2 セレズニアの声、トロスターニ
1 聖トラフトの霊
2 隔離する成長
3 信仰の見返り


相変わらずのちらしっぷりである。もう外科的摘出が使える環境じゃないのに、似たようなカードをどうしてこうも色々と入れたがるのか。その多くはやはり瞬唱の魔道士なのだろうけどね

動きは至って単純。序盤は送還や留置、戦慄の感覚などで相手の攻撃を防ぎつつダメージを稼いでいく。
中盤以降は地下牢の霊やドラグスコルの隊長を大笑いの写し身でコピーし、さらに居住によってその数を増やす。
場を制圧したあとはそのまま殴り倒すか、静穏の天使を使って各クリーチャーのCIP能力を使いまわす、と。

neumare.jpg

Rootborn Defenses / 根生まれの防衛 (2)(白)
インスタント
居住を行う。このターン、あなたがコントロールするクリーチャーは破壊されない。(居住を行うには、あなたがコントロールするクリーチャー・トークン1体のコピーであるトークンを1体戦場に出す。破壊されないクリーチャーは、ダメージや”破壊する”効果では破壊されない。)



utusimi.jpg

Cackling Counterpart / 大笑いの写し身 (1)(青)(青)
インスタント
あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それのコピーであるトークンを1体戦場に出す。
フラッシュバック(5)(青)(青)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)



tikarou.jpg

Dungeon Geists / 地下牢の霊 (2)(青)(青)
クリーチャー — スピリット(Spirit)
飛行
地下牢の霊が戦場に出たとき、いずれかの対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それをタップする。そのクリーチャーは、あなたが地下牢の霊をコントロールしているかぎり、それのコントローラーのアンタップ・ステップにアンタップしない




基本的にクリーチャーで除去する、という考えなので横に並ぶデッキには相当苦しい筈。メインからは上手にバウンスや雲隠れを使って必要なクリーチャーを一時的に除去していきませう。ついでに、悪鬼の狩人あたりもどこか入れすスペースを作りたいものだけどさて。。。

少なくとも幸いなのは、ミラディンの傷跡ブロックの剣サイクルと呪禁持ちのクリーチャーが軒並みスタン落ちした事。これにより戦慄の感覚が使いやすくなったのがありがたいところ。

senritu.jpg

Feeling of Dread / 戦慄の感覚 (1)(白)
インスタント
最大2体までのクリーチャーを対象とし、それらをタップする。
フラッシュバック(1)(青)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)




目下の強敵はトラフトと鷺群れのシガルダの2体。まあそこは数の暴力で圧倒していきましょう。物量作戦です。






関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/329-51a39ad5

これからアルバイト探し