【MTG】モダンの赤単を見てみよう【モダン】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» 大会優勝デッキ » 【MTG】モダンの赤単を見てみよう【モダン】

【MTG】モダンの赤単を見てみよう【モダン】

モダンではすっかりジャンドの隆盛なうですが、皆様如何お過ごしですか?
自分はモダンをぼちぼち初めて色々情報を集めている昨今ですが、そのモダンで赤単が結果を残していたので見てみましょう。


60 赤単
フォーマット:モダン


22 クリーチャー
4 ゴブリンの先達
4 苛立たしい小悪魔
3 渋面の溶岩使い
4 地獄火花の精霊
3 ケルドの匪賊
3 灰の盲信者
1 ボール・ライトニング

18 呪文
4 稲妻
4 溶岩の撃ち込み
4 裂け目の稲妻
3 マグマの噴流
2 血の手の炎
1 血染めの月

20 土地
12 山
4 乾燥台地
4 沸騰する小湖


15 サイドボード
4 溶鉄の雨
4 粉々
4 焼尽の猛火
1 血染めの月
1 罠の橋
1 大祖始の遺産


それまでの赤単から大幅な変更はないものの、ラヴニカへの回帰から、灰の盲信者が投入されています。

Ash Zealot / 灰の盲信者 (赤)(赤)
クリーチャー — 人間(Human) 戦士(Warrior)
先制攻撃、速攻
いずれかのプレイヤー1人が墓地から呪文を1つ唱えるたび、灰の盲信者はそのプレイヤーに3点のダメージを与える。
2/2




単純な墓地対策としても、2/2速攻先制攻撃というクリーチャー戦にとっても一方的なパワーを持つので、こういう速攻デッキとの相性はバッチリ。
また、赤単=手札消費が激しいという事でサイドにある罠の橋が光る。

Ensnaring Bridge / 罠の橋 (3)
アーティファクト
あなたの手札のカードの枚数より大きい点数のパワーを持つクリーチャーは、攻撃できない。






ジャンドにはほぼ必ず入るであろう死儀礼のシャーマンの存在をことごとく無視するかのような、圧倒的スピードと火力でなぎ倒す感じの構成。


関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/358-73cbe918

これからアルバイト探し