【MTG】ニコ生杯出来ました【レガシー】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(大会レポート) » 【MTG】ニコ生杯出来ました【レガシー】

【MTG】ニコ生杯出来ました【レガシー】

という訳で本日ニコ生杯に参加。第3回の今日はレガシーでした。

結果は2位。想定していたメタに当たらず、運が良かったとしか言い様のない結果に。


まずはデッキリスト

60 カルドーサレッド
フォーマット:レガシー

18 クリーチャー
4 信号の邪魔者
4 メムナイト
4 ゴブリン奇襲隊
4 ゴブリンの先達
2 羽ばたき飛行機械

21 呪文
4 稲妻
3 火炎破
3 爆片破
3 ゴブリンの手投げ弾
4 カルドーサの再誕
4 オパールのモックス

21 土地
4 大焼炉 
4 激戦の戦域
2 ぐらつく峰
11 山

15 サイドボード
2 外科的摘出
3 処罰の力戦
3 溶解
4 赤霊破
3 棘鞭使い


1戦目 VS親和石鍛冶 ×○× LOSE
親和と石鍛冶で殴打頭蓋が飛んでくるかと思ったら飛行機械の鋳造所弱者の剣。Dou考えてもソプターコンボです本当にありがとうございました。

処罰の力戦を投入してゴリ押しを試みるものの、湧き出てくる飛行機械軍団を抑えきれず敗北。一緒に外科的摘出を入れておけばよかったと終わった後後悔。

Sword of the Meek / 弱者の剣 (2)
アーティファクト — 装備品(Equipment)
装備しているクリーチャーは+1/+2の修整を受ける。
装備(2)
1/1のクリーチャーがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたはあなたの墓地から弱者の剣を戦場に戻し、その後それをそのクリーチャーにつけてもよい。


Thopter Foundry / 飛行機械の鋳造所 (白/黒)(青)
アーティファクト
(1),トークンでないアーティファクト1つを生け贄に捧げる:飛行を持つ青の1/1の飛行機械(Thopter)アーティファクト・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。あなたは1点のライフを得る。




2戦目 黒単感染 ○○ WIN
ファイレクシアの十字軍や、疫病のマイアが並ぶものの、ゴブリントークンや火力でゴリ押し。数で圧倒してそのまま火力を叩き込む。まさにプロレスである。激戦の戦域は一回起動すれば捨てても良い。


で、組み合わせに助けられながら、予選リーグは2位で突破。


3戦目 王笏コントロール ×○○ WIN

等時の王笏火+氷を刻印され、ゴブリンが片っ端から落とされる。朦朧としながら早々に投了をし、2マッチからは外科的摘出を投入。紅蓮地獄を叩きこまれながらも、とりあえず相手の王笏が動き出す前に全攻撃を叩きこむ。3マッチ目になると、カウンターを構えられながらもクリーチャーを並べていく。最後、火炎破が2枚ハンドにある状況で外科的をライフでキャストしたら相手のハンドが呪文貫き。2マナさえ残していれば焼き切れる状況で引いたのは稲妻。

直ちに稲妻→ピッチ火炎破と叩きこんでぎりぎりのところで勝利、危なかたーよ(´・ω・`)

Isochron Scepter / 等時の王笏 (2)
アーティファクト
刻印 ― 等時の王笏が戦場に出たとき、あなたはあなたの手札にある点数で見たマナ・コストが2以下のインスタント・カードを1枚、追放してもよい。
(2),(T):あなたは、その追放されたカードをコピーしてもよい。そうした場合、あなたはそのコピーを、そのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。


Fire / 火 (1)(赤)
インスタント
好きな数のクリーチャーとプレイヤーの組み合わせを対象とする。火は、それらに2点のダメージを望むように割り振って与える。
Ice / 氷 (1)(青)
インスタント
パーマネント1つを対象とし、それをタップする。
カードを1枚引く。



4戦目 白黒緑ジャンク ○×○ WIN 
1マッチはこちらがブンブン。2ターン目から8点クロックを刻む。
2マッチ目は逆にこちらのクリーチャーを止められ、打点が届かず敗北。

3マッチ目はクリーチャーをやっぱり除去されるも、なんとか相手のライフを4まで削る。メムナイトをブロッカーとしておいた時に、よく考えたら爆片破がキても勝てると判断。12点クロックを叩きこまれるが次のドローが火炎破。直ちに山2枚をサクリファイスで叩きこむプレイング。

5戦目 白黒緑ジャンク ×× LOSE
4戦目とはまた違うタイプの白黒緑。
1マッチはトークン5体+信号の邪魔者という最高の盤面にした途端に妄信的迫害を唱えられる。当然生き残れるはずもなく、クリーチャーを全部おとされ敗北。

2マッチ目は相手が暖気を張ってくる。とは言え手札に爆片破が2枚あったので土地次第では全然やれる状況。

が、まさかの土地事故を起こし場にあるのは大焼炉のみ。
そこに名誉回復で土地も破壊され手段を失い投了負け。

Zealous Persecution / 盲信的迫害 (白)(黒)
インスタント
ターン終了時まで、あなたがコントロールするクリーチャーは+1/+1の修整を受けるとともに、あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーは-1/-1の修整を受ける。



Warmth / 暖気 (1)(白)
エンチャント
いずれかの対戦相手が赤の呪文を唱えるたび、あなたは2点のライフを得る。



>Vindicate / 名誉回復 (1)(白)(黒)
ソーサリー
パーマネント1つを対象とし、それを破壊する。




<総括>

・予想していたメタ以外にぶつかった為に勝ち抜け出来たところがあった。とりあえずこの調子が毎度続くとは到底思えない。
・外科的摘出は優秀。とりあえず唱えて、相手のハンドをチェック出来るのも良い。
・発展の代価が必要だと何度言ったら(ry
・処罰の力戦以外にも、軽減できない、打ち消せない火力は必須というところ。
・リセットされた後の事を何も考えていないのは問題。もう少しプランをきちんとねろう。

皆様お疲れ様でした。






関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/375-abfcd727

これからアルバイト探し