【MTG】ドムリ・ラーデ考察 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(デッキ構築) » 【MTG】ドムリ・ラーデ考察

【MTG】ドムリ・ラーデ考察

GTCのカードが公式にも続々出てきていて、いよいよ新スタン構築も楽しみになって来ました昨今。皆様如何お過ごしですか。

今回は、新プレインズウォーカーのドムリ・ラーデ氏について

・マナコスト
・能力
・下の環境でも活躍できるか

の点で考察していこうと思います。

まずはご本尊

domuri.jpg

・マナコスト
群れの統率者、アジャニやヴェールのリリアナ同様3マナのPW。
緑といえばご存知マナ加速で、ヘタすれば2ターン目にこいつが出てくるということも決して難しくない。
一度プラス能力を起動すれば忠誠度は4となり、そう簡単に落とせなくなるという硬さも魅力的。


・能力
+1能力は、仮に2ターン目にこいつが着地してしまった場合、そのターンからライブラリートップを確認される上、クリーチャーを直ちに手札に加えるというハンド・アドバンテージを得られる。必然的にクリーチャーが多いデッキの方が望ましいが、今回、グルールは湧血という手札のクリーチャーカードが巨大化に化ける能力を持っている。

つまり、攻撃を通したらうっかり湧血されて致死量をくらいかねない。そういった意味では、クリーチャーカードを増やすことで、非クリーチャー呪文(=火力etc)が減ってしまうという弱点もある程度補うことが出来る。

また、-2能力は、情け知らずのガラク同様のブロッカー排除などに利用出来る。クリーチャー同士の戦いにありがちな膠着状態を打破しうる能力と言える。

・下の環境で使えるか
レガシーで言えば、ZOOなどが入る候補になりそうではある。が、剣を鍬にといった優良除去がある以上、こいつに割くスペースは無い可能性が大。モダンではジャンドやナヤが2ターン目もしくは血編み髪のエルフからの続唱で唱えると面白いかもしれない。



<総括>
・情け知らずのガラクはクリーチャーを減らしたデッキにも入るが、ドムリさんはクリーチャーデッキでこそ活きるナイスなプレインズウォーカー。
・ガラクの枠をすっかり奪ってしまうかも(´・ω・`)
・除去はマイナス能力で補える為、火力を減らしてでも入れても良い。
・序盤に出したいので、入れるなら4枚積み前提と思われ。
・だが突然の衰微で死ぬ。ドムリさんのおかげで衰微の値上がりあるかも知れない。
・正直な所、ドムリさん>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>(超えられない壁)>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>正義の勇者ギデオン
・湧血と相性良すぎワロタwww









関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/396-bcaa7f95

これからアルバイト探し