【MTG】新年早々の禁止改定【血編み髪のエルフ終了】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG(ニュース) » 【MTG】新年早々の禁止改定【血編み髪のエルフ終了】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】新年早々の禁止改定【血編み髪のエルフ終了】

タイトルに何の捻りも無くてすみません(´;ω;`)ブワッ


で、既にTwitterでも賑やかになってますが、本日1/28、禁止改定が来ました。
公式HPはこちら

モダン
《血編み髪のエルフ》 禁止
《煮えたぎる歌》 禁止

マジックオンライン・Pauper
《巣穴からの総出》 禁止
《ぶどう弾》 禁止
《激励》 禁止

スタンダード、エクステンデッド、レガシー、ヴィンテージ
変更なし

以上です。

MOの方はやったことが無いのでなんとも言えないのだけど、やはり目玉はモダンの禁止ですねー。
ジャンドはイレギュラーよろしく修正されるなんて噂がありましたが、まあ予想通りジャンド、特に血編み髪のエルフが修正される事に。


現スタンプレイヤーにはあまり馴染みが無いかもなんで、とりあえずご尊顔。
tiami.jpg

Bloodbraid Elf / 血編み髪のエルフ (2)(赤)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) 狂戦士(Berserker)
速攻
続唱(あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。追放されたカードを一番下に無作為の順番で置く。)
3/2



このカードのやばいのは以下の2点に集約される

マナコストが4+続唱

例えば↓
・続唱によって、こいつ自身を打ち消しても後続が出てくる→打ち消ししても旨味が少ない。
・速攻持ちなので出してきたターンに殴ってくる→復讐蔦が墓地に居ると、続唱によってその復讐蔦も殴ってくる。
・血編み髪のエルフ唱えます→続唱→ヴェールのリリアナ「待たせたな!」
・↑つまり、2~3マナ域のカード達が容易に出てくるという事。スミ(ry

etc...

スラーグ牙もビックリのコストパフォーマンスである。
特に最近のモダン環境はジャンド一強と呼ばれる程、ジャンドが隆盛しているので(その全てが血編み髪のエルフがいるから、というわけではないけれども)、まあ致し方無いのかなというのが率直な感想。自分もナヤビートでこいつ入れてて、そこから戦隊の鷹やら群れの統率者アジャニが出てきた時は「これあかん」と思った事もしばしば……。

mureajani.jpg

Ajani, Caller of the Pride / 群れの統率者アジャニ (1)(白)(白)
プレインズウォーカー — アジャニ(Ajani)
[+1]:最大1体までのクリーチャーを対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
[-3]:クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで飛行と二段攻撃を得る。
[-8]:白の2/2の猫(Cat)クリーチャー・トークンをX体戦場に出す。Xはあなたのライフの総量である。
4


sentai.jpg

Squadron Hawk / 戦隊の鷹 (1)(白)
クリーチャー — 鳥(Bird)
飛行
戦隊の鷹が戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから《戦隊の鷹/Sqadron Hawk》という名前のカードを最大3枚まで探し、それらを公開してあなたの手札に加えてもよい。その後、あなたのライブラリーを切り直す。
1/1




今後は多少はジャンドも落ち着くかも知れないけど、とりあえずは4マナ域のクリーチャーに何を入れるかが気になる所。数を増やせる高原の狩りの達人か? それとも前のめりな地獄乗りか?

ジャンドの隆盛は、まだ終らない。



P.S
煮えたぎる歌は3ターン以前に安定して勝てる状態を避ける、という当初からのモダンの方針によって禁止されました。スイーツ(









関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/404-d006f6c9

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。