【MTG】同盟者デッキ考察 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(デッキ構築) » 【MTG】同盟者デッキ考察

【MTG】同盟者デッキ考察

気がついたら実物提示教育が5枚ありましたがこんばんわ。

ようやくショックランドが揃いそうなんで、せっかくなんでGTC後に作ろうと考えている同盟者デッキの走り書きをば。





60 三色同盟(ナヤビート)
フォーマット:モダン


33 クリーチャー
4 ハーダの自由刃
4 教区の勇者
4 軍勢の忠節者
4 カザンドゥの刃の達人
4 アクゥームの戦歌い
3 ヘイラバズのドルイド
4 オラン=リーフの生き残り
3 城壁の聖騎士
3 修復の天使

7 呪文
3 再誕の宣言
4 雲隠れ

20 土地
3 魂の洞窟
2 乾燥台地
2 切り深い雨林
3 寺院の庭
3 踏み鳴らされた地
1 根縛りの岩山
2 断崖の避難所
1 森
1 平地
2 ガヴォニーの居住区

15 サイドボード
2 グルールの魔除け
3 ボロスの魔除け

4 稲妻
3 暴力的な突発
3 オンドゥの僧侶


GTCのカードはとりあえず赤く。
軍勢の忠節者が、果たしてこういうデッキに合うのかどうか。その使い勝手が非常に気になるので。
とりあえず殴った時点でトランプル+先制攻撃+ブロック制限がどこまで現モダンで強い、と思える動きになるのか。その分同盟者が減ってしまったので、忠節者によってふた周りぐらい旨味が出てくるのか。

gunzei.jpg

Legion Loyalist / 軍勢の忠節者 (赤)
クリーチャー — ゴブリン(Goblin) 兵士(Soldier)
速攻
大隊 ― 軍勢の忠節者と少なくとも2体の他のクリーチャーが攻撃するたび、あなたがコントロールするクリーチャーはターン終了時まで先制攻撃とトランプルを得る。このターン、それらはクリーチャー・トークンによってはブロックされない。
1/1



自身があまりにも除去されやすく、また除去しなければならないカードなのは確定的に明らか。
これならやっぱり同盟者で固めたほうが良いのかもしれないけど、それはまあGTC後のモダンの同行と僕の財布次第なので。

サイドの2種類の魔除けは、ナヤの魔除けよりも単純に軽いから、という理由。
特にボロスの魔除けはまず腐ることはないだろうという見通し。グルールの魔除けはリミテで予想外に使いやすかったのでせっかくだからと。

Boros Charm / ボロスの魔除け (赤)(白)
インスタント
以下の3つから1つを選ぶ。「プレイヤー1人を対象とする。ボロスの魔除けはそのプレイヤーに4点のダメージを与える。」「このターン、あなたがコントロールするパーマネントは破壊されない。」「クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで二段攻撃を得る。」



Gruul Charm / グルールの魔除け (赤)(緑)
インスタント
以下の3つから1つを選ぶ。「このターン、飛行を持たないクリーチャーではブロックできない。」「あなたがオーナーであるすべてのパーマネントのコントロールを得る。」「グルールの魔除けは、飛行を持つ各クリーチャーにそれぞれ3点のダメージを与える。」




ざっとこれを元にいろいろいじってみたいところ。

ちなみにオレリアの憤怒は予算の関係で入手する時期がわからんのでまだ入れてません///
この時期は本当実験的なデッキ構築が捗りますわ








関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/407-a92fb597

これからアルバイト探し