【MTG】オルゾフの魔除けか究極の価格か【単体除去】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG(デッキ構築) » 【MTG】オルゾフの魔除けか究極の価格か【単体除去】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】オルゾフの魔除けか究極の価格か【単体除去】

いわゆるピン除去の話。
オルゾフの魔除けとGTC以前に好んで使っていた究極の価格の仕様雑感をまとめる。

先に結論から言ってしまうと、エスパーカラーのような多色系デッキならオルゾフの魔除けを入れた方が良いと思う。究極の価格のような他の単体除去に比べて、除去以外のモードがあるのがやっぱり強い。

ともあれ、単体除去と単位除去+αではどちらも一長一短。結論を踏まえつつその比較を見てみませう。


<オルゾフの魔除け>
oruzohumayoke.jpg

Orzhov Charm / オルゾフの魔除け (白)(黒)
インスタント
以下の3つから1つを選ぶ。「あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それとそれにつけられているあなたがコントロールするすべてのオーラ(Aura)をオーナーの手札に戻す。」「クリーチャー1体を対象とする。それを破壊し、あなたはそれのタフネスに等しい点数のライフを失う。」「あなたの墓地にある点数で見たマナ・コストが1以下のクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。」


①自分のクリーチャーバウンス&それについてるエンチャント回収
②クリーチャー一体破壊&タフネス分ライフロス
③墓地の1マナクリーチャーリアニメイト
の3つのモードを持ったインスタント。

正直③は使った試しが無い。メインに使うのは②で、たまに①を使うぐらい。
②はライフロスはあるものの確定除去として使えるので、究極の価格よりも使いやすい場面が多い。多い、と書いたのは、今ジャンド等で流行っている雷口のヘルカイトや士気あふれる徴収兵を相手にする際はライフロスがきつい場合が多いから。

それでも、序盤から軽量のクリーチャーを対処出来るのは有難い所。ボロスの反攻者の対処の一つとしても十分採用出来る。どうせ、雷口のヘルカイトが出てくるのは後々だし、いっそ割りきって使うのがまあより良い解答というところか。現環境にはボロスの魔除けという、対除去の筆頭カードがあるので、こういった破壊系カードばかりに頼るのも危ないところだしね。

次に①のモードは、瞬唱の魔道士がある時に結構使っている。
瞬唱の魔道士でFBしつつ、オルゾフの魔除けで瞬唱の魔道士を回収すれば実質手札一枚消費で、チャンプブロック&回収しつつアドバンテージを稼ぐ事が出来る。中盤~終盤でのマナあまりの状況で、この動きはかなり無駄がなくて素敵。


<究極の価格>
kakaku.jpg

Ultimate Price / 究極の価格 (1)(黒)
インスタント
単色のクリーチャー1体を対象とし、それを破壊する。


2マナかつ、黒のシングルシンボルで使いやすい条件付き除去。
高原の狩りの達人やオリヴィアなど、多色クリーチャーを止める事は出来ない一方、ほぼノーリスクで地獄乗りや雷口のヘルカイトを破壊出来るのが良い。

多色クリーチャー相手には、悲劇的な過ち(※陰鬱)等、別途併用しなければならないが、逆に除去で対応出来る状況が増える事にもなるため、結局メタゲーム次第とも言える。何よりマナ拘束の緩さで、割りと安心して使えるのが良い。

ただし、ボロスの反攻者の登場&台頭によって、これを対処できない究極の価格は相対的に使いにくくなった、と言わざるを得ないのは大きなマイナス。同じ黒なら、肉貪りとの併用が丸いところか。



<総括>
多色系デッキならオルゾフの魔除けがとりあえず無難。ただし、ライフロスがあったりボロスの魔除け等、破壊されない&再生持ちのカードも少なくなかったりするので何かしら別のカードとの併用は必須。
究極の価格はそろそろ逆風にもまれる恐れが。これもボロスの反攻者とボロスの魔除けがあかんのや。








関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/414-c005d987

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。