【MTG】ニヴィックスのサイクロプスの考察 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG(デッキ構築) » 【MTG】ニヴィックスのサイクロプスの考察

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】ニヴィックスのサイクロプスの考察

心の平穏、それは新しい自由。それを縛る金銭は、是非ともこちらに。

――オルゾフ組


という訳で今日はニヴィックスのサイクロプスについて。何回か使ってみてその使用雑感をまとめてみませう。
まずは本人。


saikuro.jpg

Nivix Cyclops / ニヴィックスのサイクロプス (1)(青)(赤)
クリーチャー — サイクロプス(Cyclops)
防衛
あなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、ニヴィックスのサイクロプスはターン終了時まで+3/+0の修整を受けるとともに、このターン、防衛を持たないかのように攻撃できる。
1/4



<概要>
素は1/4防衛と、ブロッカーとしてはまあ及第点レベル。2番めの誘発能力がとにかく面白く、イゼット団らしからぬ器用さを魅せつけてくれる。

<運用方法>
例えば、ブロッカーとして指定した直後に火力といった除去で相手のブロックされていないクリーチャーを破壊しつつ、自身は4/4になってブロック出来る。意外と高いタフネスで、地上の足止めとしても優秀。このあたりは<小柄な竜装者>では得られなかった特徴とも。

また、攻めに転じる際もメインフェイズ中ではあるけれどもボロスの魔除けで2段攻撃を付与することで、自身は4/4、2段攻撃というちょっとわからねぇクリーチャーに化ける。

borosu.jpg


Boros Charm / ボロスの魔除け (赤)(白)
インスタント
以下の3つから1つを選ぶ。「プレイヤー1人を対象とする。ボロスの魔除けはそのプレイヤーに4点のダメージを与える。」「このターン、あなたがコントロールするパーマネントは破壊されない。」「クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで二段攻撃を得る。」



<呪文+αで相手とのダメージレースを制する>
これらの呪文を唱える+αの能力は唱えた呪文が打ち消されたとしても誘発するなど、で得られるものは意外と大きい。幸い、イゼットカラーでは強力なカウンターである<対抗変転>もあるのでコントロールよりでありながら前のめりなビートを組める。

<コピーとの相性の悪さ>
ただし、唱えるといってもディミーアの暗号との相性は悪い。暗号が誘発するのはダメージを与えた時点であるため、暗号によって呪文を唱えたとしてもこのサイクロプスが与えるダメージを上げることにはならない為。同じ理由で炬火のチャンドラの-2能力ともかみ合わない。


<総括>
イゼットカラーをあまり使わないgoinstonesにとってはかなり興味をそそる。素のスペックは十分で、かつコンボ向けとも思えるギミックが未知の可能性を感じさせてくれる良いクリーチャー。トリコロールあたりでメインクリーチャーとして採用してみるのも面白いかも。












関連記事
コメント:
非公開コメント

No title

サイクロプスはパワーだけの修正だよ!よ!

2013-05-13 18:22 │ from すぱいしぃURL

Re: No title

コメントありがとうございます~

> サイクロプスはパワーだけの修正だよ!よ!

まあ素が1/4だと思って放置しておくと、いざ呪文を唱えられたらパワーうpして実質4/4になる、という事で。
呪文唱えられたと思ったらクリーチャー強化までされてるってすごく素敵だと思うんですよね。ちゃっかりタフネスも高いですし

巧みな回避×2+適当な呪文1回唱えるだけでそこには10/4のサイクロプスが!

2013-05-13 22:29 │ from goingstonesURL

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/471-e1de64cc

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。