【MTG】レジェンドルールとか変更するんだって!【ルール】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(ルール) » 【MTG】レジェンドルールとか変更するんだって!【ルール】

【MTG】レジェンドルールとか変更するんだって!【ルール】

言わずもがなって感じもしないでもない。

とりあえず公式HP(リンク先英文)で告知されたようにM14後からルールが色々と変わります。


大きく変わるのは以下の4点

①レジェン(PW)ドルール

<概要>
同一レジェンド(PW)パーマネントは、各プレイヤーの戦場のみに1つしか置けない。同一レジェンドパーマネントが同一プレイヤーの戦場に出た場合、どちらか片方を墓地に落とす。

例えば、Aというプレイヤーの戦場に聖トラフトの霊がある状態で、Bというプレイヤーが聖トラフトの霊を出しても対消滅しない、という事。プレインズウォーカーも同じで、AとBがそれぞれヴェールのリリアナをコントロールしていても対消滅しなくなったという事にも。

レガシー環境では、戦場に2本ファッキンジャパニーズウェポン(梅澤の十手)が存在することにもなり、ガイアの揺籃の地によってお互い大量のマナが生まれることに。

とってもカオスですね(白目

メリットとしては、手札にレジェンドカードがあっても腐らなくなった、という事かな? とりあえず壮大コストには全力で土下座するべきだと思うよ?(#^ω^)ビキビキ

一応、状況起因処理であることには変わりないようではあるけど、、ガイアの揺籃の地でマナを出す→別の揺籃の地を場に出す→元の揺籃の地をサクる→揺籃の地タップワンモアセッ!という事にはなる模様。これにはさすがの揺籃の地もファイレクシア化しますね。


②サイドボード

<概要>
サイドボードが最大で15枚となり、サイドボーディングの際に15枚全てをメインデッキに投入しても良い。逆に、メインデッキ75枚、サイドボード0枚でもオッケー


今まで必ずサイドボードが15枚になるよう構築しなければならなくなったのが、今後はその作業をしなくて済む、というところ。サイドボーディングでメインが62になったり60になったり75になったりと、かなり融通がきくように。
新しいサイドボーディング戦略が組めそうで期待大。土地を予め多めに入れておいて、メイン枚数を微調整しながらプレイできるなど、かなり面白そう。


③破壊されない、がキーワード能力化

<概要>
ファルケンラスの貴種を変化+点火で問答無用で焼けます(`・ω・´)


今まで「~は破壊されない」がキーワード能力に。
これによって、ファルケンラスの貴種が能力を起動して、「破壊されないという特性を得る」から「破壊されないとう能力を得る」になる為、点火変化の融合で全ての能力を失い、2点ダメージを与えるによって破壊できるようになりました。

若干貴種が弱体化したかな?

また、他の文面で破壊されないがあった場合、それは上記の通り「破壊されないという能力を得る」に置き換わります。


④土地プレイ回数の制限

<概要>
踏査が2枚あった場合、これまではどちらの踏査で追加の土地を出すのかを宣言しなければならなくなっていました。が、これからはそれをしないで、追加で何回までプレイ出来るか。という事になります。



ちょっとややこしいね。このあたりは例の2人に登場してもらう予定。
これはつまい、踏査Aと踏査Bをコントロールしていた場合、踏査Aによって土地を追加プレイした後で踏査Aをバウンスかブリンクした後、改めて出てきた踏査Aによって土地をもう一度プレイ出来る、という事が不可能になる。という事です。

スタン環境だと今のところあまり影響はないかな? 注目するのが、結局最大何回まで土地を追加プレイしていいのか? という点になったというところだね。


適用は7/13からそれまで日本語で告知もあるだろうし、質問解答もあるだろうから随時チェックしていこうと思いまし









関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/474-0166ff9c

これからアルバイト探し