【MTG】あのキオーラさんがようやくカード化しました - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(ニュース) » 【MTG】あのキオーラさんがようやくカード化しました

【MTG】あのキオーラさんがようやくカード化しました

デュエルオブプレインズウォーカーで名前が出ていたキオーラ・アトゥアさんがようやくカード化するというニュースが。

荒ぶる冬への突入

oku.jpg


神々の軍勢は来年1月中頃から公開されるらしく、とりあえず新PWのみお披露目、というところ。
恐らく青緑のPWというのははじめてなんじゃないかな? 今までありそうでなかった能力など、色々見て行きませう。

○マナコスト
信心を意識してか、青緑どちらもシングルシンボル。これは言い換えれば多色系デッキにもわりかし入りやすいということに。4マナでかつ緑が入っているので、マナ加速のあるデッキなら3ターン目着地も十分ありえるレベル。それが脅威になるかどうかは別として。

○各能力
プラス能力は真っ先に月の賢者タミヨウを彷彿とさせる。あれと違って、こちらは対象のパーマネントが与えるダメージと、与えられるダメージの軽減なので、戦闘系の厄介なクリーチャーを黙らせるのに最適。テーロス時点なら絆魂持ちのヴィズコーパの血男爵などへの解答の1つか? ただし、タップさせる事はできない為、ブロック不可能にさせたり、システムクリーチャーへの足止めにはならないので注意が必要。
 
なお、当然といえば当然だけど、このプラス能力で自分のコントロールするパーマネントは対象にできない。できたらキオーラがムテキング化するのでNG。プレリなどでは一応注意が必要かな。


マイナス能力はジェイス・ベレレンのマイナス能力に土地を追加でセット出来るようになった。地味に対象を取らなくなったのでEDHなどでは気をつけたほうが良いかな? スタンでは特に気にすることはないと思う。非常に地味だけど、ジェイス同様手札を稼ぎつつ、なおかつ追加で土地をセット出来るのはかつての野生語りのガラクよろしく、マナ加速につながるので中々強い。

ただし、初期忠誠度自体低いので、安易に出してしまうと4マナ1枚ドロー+追加土地セットで終わる可能性も。他の能力を考えるとできれば場に残し続けたい所。


大マイナスはちょっと変わったトークン生成。飛行や島渡りも何もないバニラではあるものの、9/9というデカさのトークンが自分の終了ステップの開始時に出てくる。メインフェイズに至高の評決などで全体を流した後の展開を考えれば中々強い。


○忠誠度
正直マナコストで考えれば初期忠誠度が2というのは脆い。が、幸い青には思考を築くもの、ジェイスが居るので二人並べれば相当守りは盤石になる。そういった意味では、いかにも青色持ちのPWなのかなというところ。キオーラの大マイナスでトークン生成が開始させられればあとは放ったらかしにしても勝てる。そこまで守りきれるかがポイントか。



○総評
パッと見た所、能力といい使い方といい、タミヨウとダブるところがある。が、あれと比べて奥義がより制圧力を持っている為単体でのフィニッシャーになりうるのは良い。タミヨウ奥義だとブラフがきつかったんです
エスパーコンなど、各種コントロールデッキにはぜひ入れたいところ。昨今の質の高いクリーチャー群を止めるのに、一役買ってくれそうなPWと言っても良いんじゃないかな。


ちなみに2つ名で真っ先に鷹のポーズを思い出したのは内緒。



荒ぶる波濤、キオーラ (2)(G)(U)


ヘ○ヘ   
  |∧   
 /

     2











関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/535-c584092f

これからアルバイト探し