【MTG】モダン環境でストーム構築 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG(デッキ構築) » 【MTG】モダン環境でストーム構築

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】モダン環境でストーム構築

モダン環境で新デッキを作るということで、一念発起ストームデッキを目指す事に。
実は煮えたぎる歌など、モダン環境において有効なマナ加速のカードが軒並み禁止される以前の環境を知らないので、どんんな感じなのかイマイチピンと着ていなかった。とりあえず現状使える捨て身の儀式と発熱の儀式を入れて回してみる。


あ、これ歌あったらあかんやつや


というところまでいったのが最近のあらすじ。とりあえず気になった点を幾つか考察してみることに。

①ストームの形
現状、モダンのストームというと紅蓮術師の昇天や巣穴からの総出→ゴブリン奇襲隊をキッカーこみで唱える。という具合に割りと赤青が主流な感じ。レガシーのストーム代名詞であるANTなどと違うのは、マナアーティファクトや暗黒の儀式の不在によってどうしても色が偏っている、というところかなという印象。
モダン環境にもむかつきを使ったデッキはあるけど、ストームとはまたちょっと違うかな? 何にせよ動き始める=勝ちみたいなところがあって面白い。

20111208_90996f.jpg

Empty the Warrens / 巣穴からの総出 (3)(赤)
ソーサリー
赤の1/1のゴブリン(Goblin)・クリーチャー・トークンを2体戦場に出す。
ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。)



syouten.jpg

Pyromancer Ascension / 紅蓮術士の昇天 (1)(赤)
エンチャント
あなたがあなたの墓地にあるカードと同じ名前を持つインスタント呪文かソーサリー呪文を1つ唱えるたび、あなたは紅蓮術士の昇天の上に探索(quest)カウンターを1個置いてもよい。
紅蓮術士の昇天の上に探索カウンターが2個以上置かれている状態であなたがインスタント呪文かソーサリー呪文を唱えるたび、あなたはその呪文をコピーしてもよい。あなたはそのコピーの新たな対象を選んでもよい。





②サーチカードの不在&コンボ始動の遅さ
が、ここで問題が。
レガシーのANTみたく開始1~2ターン目に動けないのである。まあそういったカードは軒並みモダンの方針にそぐわないという理由で禁止されているところをみると、当然の処置かとも。実際巣穴からの総出自体は4マナとはいえ、煮えたぎる歌まであったのならあっさりと唱えることが可能だしね!
また、ANTではさんざんお世話になる冥府の教示者や燃え立つ願いが使えないのも辛い。冥府の教示者自体はモダンでも一応使えるけれども、暴勇の条件である手札のない状態を満たしにくいのがマイナス。また、マナ加速の関係で赤主体となり、黒を入れにくいのも原因かなー。

ダウンロード (3)

Infernal Tutor / 冥府の教示者 (1)(黒)
ソーサリー
あなたの手札からカードを1枚公開する。あなたのライブラリーから、そのカードと同じ名前を持つカードを1枚探し、それを公開した上であなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。
暴勇 ― あなたの手札にカードがない場合、代わりにあなたのライブラリーからカードを1枚探し、それをあなたの手札に加える。その後あなたのライブラリーを切り直す。


③マナ基盤自体がある程度揃わないとぶっぱ不能
上の2つにも絡むんだけど、そんな訳である程度土地というなの基本的なマナ基盤が揃っていないとぶっぱしようがない。そしてぶっぱしても間違いなく致死量のストームを稼げるかどうかわからない。というとってもリスキーな感じのパズルデッキという印象をもった。まあレガシー準拠で考えてしまうといたたまれなくなるあのでこの際割愛で。もちろん手札の揃い方によってはマナ加速→魔力変→巣穴からの総出という事もできるけど、体感的にも低確率でうーん(´・ω・`) となる。

とは言え、ぶっぱしてそのターンに決めるというのがこの手のコンボデッキの魅力な訳で。
有効なフィニッシャーとしてはメジャーどころで紅蓮術師の昇天入れて巣穴からの総出とかぶどう弾をとりあえず考えてみて、手札補給をどうするかが当面の問題になりそう。いっそ魔力変期待でむかつきをいれても面白そうとは思う。

まあこのところモダン環境であそぼうにもデッキ自体が無いということがしばしばあったので、折見て回して形にはしてみたい今日このごろ。











関連記事
コメント:
非公開コメント

No title

当時からやっていれば分かるんですけど、殆どの人はストームが危険なんて認識はなかったんですよねぇ。《ゴブリンの電術師》が出ていても、《煮えたぎる歌》が使えても、結局はgoingさんが仰っているように《紅蓮術師の刈り痕》型でなければ不安定&不確定なデッキです。叩き方を知ってしまえば、基本的には鴨ですし。

2014-01-30 05:42 │ from さべURL Edit

Re: No title

コメントありがとうございます

> 当時からやっていれば分かるんですけど、殆どの人はストームが危険なんて認識はなかったんですよねぇ。《ゴブリンの電術師》が出ていても、《煮えたぎる歌》が使えても、結局はgoingさんが仰っているように《紅蓮術師の刈り痕》型でなければ不安定&不確定なデッキです。叩き方を知ってしまえば、基本的には鴨ですし。

大量のゴブリン→盲信的迫害
キーカード→ハンデスor打ち消し
ぶどう弾ストーム20!→残念だが相手はソウルシスターズだ。

などなど、肝心のカードがモダンという環境のあおりを大いに受けてる気がします。昨今のクリーチャー見てると、黙ってみていればコンボが間に合いそうにありませんし。ストームの名を借りた別の形を模索しないとこの先きのこれそうにありませんね。



2014-01-30 20:40 │ from goingstonesURL

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/546-af22bc8c

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。