【MTG】無慈悲な追い立てor次元の浄化 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(デッキ構築) » 【MTG】無慈悲な追い立てor次元の浄化

【MTG】無慈悲な追い立てor次元の浄化

ここ最近何度かエスパーコンを回していて、昨今の全体除去枠として無慈悲な追い立てと次元の浄化と、どっちがいいんだろうかと考えているところ。

まずはざっくりお互いのカードの違いを羅列してみよう

Merciless Eviction / 無慈悲な追い立て (4)(白)(黒)
ソーサリー
以下の4つから1つを選ぶ。「すべてのアーティファクトを追放する。」「すべてのクリーチャーを追放する。」「すべてのエンチャントを追放する。」「すべてのプレインズウォーカーを追放する。」


○追放するパーマネントを選べる=戦場に残すパーマネントを選べるので、構築段階でエンチャントやPWなどを入れやすい。また、追放除去なので、エレボスの鞭などの墓地活用を防げる。
✕選べるパーマネントが一種類なので、リセットしきれない状況がある。例)軍勢の集結など

Planar Cleansing / 次元の浄化 (3)(白)(白)(白)
ソーサリー
すべての土地でないパーマネントを破壊する。


○土地以外の何もかもを破壊出来るので、1枚で相当のアドバンテージを稼げる。
✕再生を許すのでロッテスのトロールなどの再生持ちは止められない&死亡時の誘発がおきてしまう。また、ボロスの魔除けで裁かれてしまう。


要は「環境に追放したいパーマネントが多い」「対戦相手の戦場に出るパーマネントが共通のものが多いか」で決まるかなってところだね


前者の場合、既に出ている通り復活の声やボロスの魔除けを対処出来るし、何より残せるパーマネントを選べるから、相手がクリーチャー主体のデッキなら、盲従など有用なエンチャントを残したままリセットができるのが強いね。ただ、歓楽者ゼナゴスのようにクリーチャーを生成出来るカードにはやや辛いかな。

zenaPW.jpg

Xenagos, the Reveler / 歓楽者ゼナゴス (2)(赤)(緑)
プレインズウォーカー — ゼナゴス(Xenagos)
[+1]:あなたのマナ・プールに、(赤)および(緑)の好きな組み合わせのマナX点を加える。Xは、あなたがコントロールするクリーチャーの総数である。
[0]:速攻を持つ赤であり緑である2/2のサテュロス(Satyr)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
[-6]:あなたのライブラリーの一番上から7枚のカードを追放する。あなたはそれらのカードの中から望む枚数のクリーチャー・カードおよび土地カードを戦場に出してもよい。
3




最近は赤緑ビートが増えてきていて、復活の声など緑白系のデッキが減ってきているように思えるから、そうなると次元の浄化に軍配が上がる気がする。一方で、自分の場に拘留の宝球や各種PWが居た場合、次元の浄化はそれらを巻き込んでしまう。また次元の浄化自体が白のトリプルシンボルであるため、多色になればなるほど唱えにくくなる弊害も。

まあ神々の軍勢で啓蒙の神殿が登場したおかげで、テーロスまでとはちょっと状況が変わっているのは追い風とも言えるね。

Temple of Enlightenment / 啓蒙の神殿
土地
啓蒙の神殿はタップ状態で戦場に出る。
啓蒙の神殿が戦場に出たとき、占術1を行う。(あなたのライブラリーの一番上のカードを見る。あなたはそのカードをあなたのライブラリーの一番下に置いてもよい。)
(T):あなたのマナ・プールに(白)か(青)を加える。



とりあえずメインからの作用率は、今後の動向を見てどっちかの枚数を増やしておきたいところ。合計で3枚ぐらいは欲しいとは思う。


6マナ域は重たい? そもそも灰燼の乗り手を使ってる身としてはこんなものを入れている時点で既に低速コントロールだから関係ないんだなこれが。









関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/555-4ffdfdd2

これからアルバイト探し