【MTG】EDHでこれどうだい? 『精神の渦』 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(デッキ構築) » 【MTG】EDHでこれどうだい? 『精神の渦』

【MTG】EDHでこれどうだい? 『精神の渦』

色々カードあさっていくうちに出てきた、「構築級でないけど、EDHで使ったら強いんじゃないか?」というカード群。
せっかくなのでその利用方法などを考えてみようというのがあらすじ。


今日は題目にある通り、ウェザーライトの精神の渦というカードの紹介。



uzu.jpg

Psychic Vortex / 精神の渦 (2)(青)(青)
エンチャント
累加アップキープ ― カードを1枚引く。(あなたのアップキープの開始時に、このパーマネントの上に経年(age)カウンターを1個置く。その後あなたがこの上に置かれている経年カウンター1個につきアップキープ・コストを1回支払わないかぎり、それを生け贄に捧げる。)
あなたの終了ステップの開始時に、土地を1つ生け贄に捧げるとともに、あなたの手札を捨てる。



アップキープに追加で毎ターン1枚ずつ増やしながら追加ドロー出来るという素敵臭あふれるエンチャント。
出て3ターンも経過すれば通常ドローと併せて合計4枚も引ける。

通常累加アップキープはライフを失うなどデメリットが多いが、このカードで言えば逆に通常時の能力がデメリットとなっている。

それは、毎ターン手札を空にしつつ土地を1枚生贄に捧げる、というもの。

ヘタすれば土地はなくなり、行き詰まってしまうが、それでも毎ターンの追加ドローは魅力的。というか、そもそもこのデメリットをメリットに変換してしまえば良いのである。という訳で以下その運用方法例。


○土地を生贄に捧げるデメリット
対処法
→ダクムーアの回収場など、墓地と手札を往来出来るカードを用意する。

dakumua.jpg

Dakmor Salvage / ダクムーアの回収場
土地
ダクムーアの回収場はタップ状態で戦場に出る。
(T):あなたのマナ・プールに(黒)を加える。
発掘2(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど2枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)


精神の渦を出したそのターンに回収場も場にあれば、そのターンの終了時にこれを墓地に落として、次のアップキープのドローで発掘に置換→回収場を手札から場に出す。ということで延々とデメリットを帳消し出来る。毎ターン2枚ライブラリートップを墓地に落とすだけで済むのだから、これは偉いと思う。

また、当然のごとく壌土からの生命でも同じような事が出来る。

Life from the Loam / 壌土からの生命 (1)(緑)
ソーサリー
あなたの墓地にある土地カードを最大3枚まで対象とし、それをあなたの手札に戻す。
発掘3(あなたがカードを引く場合、代わりにあなたはあなたのライブラリーのカードを上からちょうど3枚、あなたの墓地に置いてもよい。そうした場合、あなたの墓地にあるこのカードをあなたの手札に戻す。そうしなかった場合、カードを1枚引く。)




○手札を捨てるデメリット
対処法その1
墓 地 活 用 

いや手抜きじゃないですよ。
つまるところ大量にドローして、ディスカードになるとしてもそもそも構築の時点で墓地活用出来るようにしておけば、必要なカードはさっさと唱えて墓地の肥やしにする、という芸当が出来るようになるわけです。
そして、上記の発掘云々によって、さらに墓地も超えるため一石二鳥という事にも。


墓地活用の代表格といえば、堀葬の儀式や世界のるつぼ、また土地で言えばヴォルラスの要塞などが該当するかな。
墓地に落ちたアーティファクトを回収するためのアカデミーの廃墟もいいシナジーを生み出す。

Unburial Rites / 堀葬の儀式 (4)(黒)
ソーサリー
あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
フラッシュバック(3)(白)(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


Crucible of Worlds / 世界のるつぼ (3)
アーティファクト
あなたは、あなたの墓地にある土地カードをプレイしてもよい。


Volrath's Stronghold / ヴォルラスの要塞
伝説の土地
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(1)(黒),(T):あなたの墓地にあるクリーチャー・カード1枚を対象とし、それをあなたのライブラリーの一番上に置く。


Academy Ruins / アカデミーの廃墟
伝説の土地
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(1)(青),(T):あなたの墓地にあるアーティファクト・カード1枚を対象とし、それをあなたのライブラリーの一番上に置く。


もちろん墓地対策されると目も当てられない状況になるので、それだけは注意。


対処法その2
→また別の対処法として、エンプティハンドロックのように、そもそも手札がない状況を逆手に取る事も。

例えば、無のブローチや罠の橋など。

Null Brooch / 無のブローチ (4)
アーティファクト
(2),(T),あなたの手札を捨てる:クリーチャー呪文でない呪文1つを対象とし、それを打ち消す。


Ensnaring Bridge / 罠の橋 (3)
アーティファクト
あなたの手札のカードの枚数より大きい点数のパワーを持つクリーチャーは、攻撃できない。




墓地活用のデッキはEDHではとにかく遅くなりがち&手札が0の状況を強いられる為、まともな妨害手段が持てないので、これらの妨害カードを使って時間を稼ぎ、本命のカードを通すようにすると非常に強いと思う。


構築ではさすがに陽の目は見ないだろうけど、EDH環境ではなかなか悪さ出来る可能性を秘めた精神の渦。
1枚あたりの単価も安いので、使ってみては如何でしょうか。










関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/556-08ef1831

これからアルバイト探し