製造業について思うこと色々 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» 小噺 » 製造業について思うこと色々

製造業について思うこと色々

先日、地元で職業訓練校時代の仲間と集まって飲んだ時の事。
自分が地元を離れて転職する事になったのを皮切りに、他の人の訓練校修了後の話をし始めると、半数近くの人が再び転職した或いは求職中(早い話が無職)となっていて皆が皆びっくりしたという。

そもそも職業訓練校ってなんぞやとなるのだけど、早い話が「専門的な技能を学びながら次の就職につなげる為の公共施設」というところ。この辺りはWIKIにあまり詳しく載っていなかったので気になる人は最寄りのハローワークや近場にないか探してみると良いかも。施設の見学を出来る場所もあるし。

製造業の高齢化なんて今に始まった事では無いし、そもそも世の中が超高齢社会と呼ばれて久しい。その中で地元のその職業訓練校は若年者が製造業に就いて欲しいという一面があって、同時に企業側もそういった人材が欲しいという事で訓練校を通じて仕事を見つける人も多い。

で、冒頭の話である。中にはすごくニッチなものを扱う会社もある中で、製造業(別にこれに限った話ではないけど)は人材が定着しない。ちょっと気になったので、小噺と言いつつ今日はこの話題の中で、自分も携わっている機械加工について取り上げてみようと思う。

個人的には、仕事自体は凄く需要がある一方、もはや伝統工芸的な側面もあるような気がするけどね!

○職人技という熟成モノ

という訳でまずは製造業について色々記事を漁る。

愛知、高卒求人倍率2.05倍 事業拡大で競争激化

若者の製造業離れで、職人の平均年齢は40歳超

加速する若者の物流業界離れ 賃金低下が要因?

ちょっと古い記事もあるけど、まあ製造に関わる業界について色々ヒットしました、と。
求人はある一方、人手不足という現状がちらほら。2番目の職人の平均年齢~で登場する旋盤工なんてどんな仕事か見た事がない人が殆どじゃなかろうか。



これは特大だけど、まあ大体こんな感じ。似たようなのにフライス盤も。



こういったのをまとめて金属加工とか機械加工とか言ったりする。見た目はくっそ地味だけど内容は超シビア。100分の1や1000分の1まで追い込んで加工する。作業中は、数値上はピタリでも相手は金属なので熱をもって膨張したり、また工具の摩耗具合で微妙に加工の具合が変わってくるのでその辺りを加味してとりかからなければならないという世界。

ハッキリ言って、経験を積まなければどうにもならない仕事の一つだと思う。


最近はNCもしくはMCと言って、工程をプログラム化して、その通りに機械に作業をさせる事が主流だけれども、それでも上記の問題は発生する。そうなった場合、当然プログラムを微調整しなければならないので、やっぱりどれだけ追い込めるかは経験値が必須だと言える。




こんな職種が人材不足になるのも皮肉的ではあるけど当然のように思える。全くの未経験どころか、多少知識を持っていたところで実はどうにもならない事が多々あるからだ。

実はNC、MCは勿論、旋盤やフライス盤も機種が色々出ている。一つの機械をかじった程度では扱いきれない。
また、加工条件という加工するものによって扱う道具や機械の操作を変えなければならないので、それらを一朝一夕で完璧に網羅する事は到底不可能かな。

もっとも、プログラムに関わる仕事はその殆どが既存のものの数字をいじるだけで、後は加工が終わるまで放置というのが現実なので、アナログ作業になる旋盤工に比べれば多少負担は軽減されるかもしれない。


○後継者と外部委託
ともあれ、一度この仕事に就いたら3年~5年先を見据えてやらなければならない、という事になってしまう。一人前になるのに時間がかかるので、そこで辞めてしまう人も少なくない。また、そういった背景があるので企業側も一から教えるのでなく、出来れば経験者に来てほしいと考えてしまう(実際、地元の製造に関わる仕事の殆どは派遣だったし)。


まあ、若手の育成をしないままアウトソーシングが進んでにっちもさっちもいかなくなるのなら、それはそれでしょうがないという気持ちもあるけどね。逆説的だけど、需要と供給の果てのWIN-WINな関係だし。


3Dプリンターの開発が進めば、金属に性能面でもコスト面でも優ればこういった仕事は軒並み没落するのは間違いないけど、それは一体何時になるやら。



○ニッチな産業故に。

上にも書いたけど、正直なところ企業側が自分達の代だけもてばそれで良いと考えているならそれで良いとすら思っている。それだけ世の中には色々な仕事があるわけで、製造業もそのうちの一つの選択肢にすぎないのだし。勿論ブラック企業を肯定する訳じゃないし、製造業の中にも当然のごとくブラック体質の企業はあるし。

が、とてつもなくニッチな仕事なので少なからず供給に足る需要はある。
独自の常識とかいう良く分からんものを振り回してる会社もあるけど、独立を含めた先を見据えて取り掛かりたい人は、一度調べてみるといいと思うよ! 多分その頃には伝統工芸じみた仕事になっているだろうし!














関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/583-bf65e213

これからアルバイト探し