【MTG】EDHでこれどうだい?3『骨の結界』 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» MTG(EDH) » 【MTG】EDHでこれどうだい?3『骨の結界』

【MTG】EDHでこれどうだい?3『骨の結界』

どうも! こんばんわ!
今日もどこかで暗黒破を唱えているプレイヤーが居るね! みんな元気かな!


という訳で久しぶりにMTG関係のネタを。
EDHで使えそうなカードをご紹介致します。

kekkai.jpg

Ward of Bones / 骨の結界 (6)
アーティファクト
あなたより多くのクリーチャーをコントロールしている各対戦相手は、クリーチャー・カードをプレイできない。アーティファクト、エンチャント、土地についても同様である。



○カード概要
効果は極めて単純。自分より多くのプレインズウォーカーでないパーマネントはプレイ出来ないというもの。

物自体は6マナとやや重めであるものの、早い段階で戦場に出てしまえば各対戦相手に大きな影響を与えられる事間違いなし。リセット後に設置しても同様の効果が得られる為、見た目以上に拘束力が高い。

ただし、あくまで禁止するのはプレイのみであって、例えば不屈の自然などで土地を直接戦場に出す、などという効果までも禁止は出来ないので要注意。

Rampant Growth / 不屈の自然 (1)(緑)
ソーサリー
あなたのライブラリーから基本土地カードを1枚探し、そのカードをタップ状態で戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。



○実際の使い心地
実は今先見的設計家、ムッツィオに入れているのだけどこれが気持ち良い。たまに4ターン目にこれが戦場に出ると、「エンチャントをコントロールしていなので誰もプレイ出来ない」等、他の対戦相手には実質ロック状態になることも。

Muzzio, Visionary Architect / 先見的設計家、ムッツィオ (1)(青)(青)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 工匠(Artificer)
(3)(青),(T):あなたのライブラリーの一番上からX枚のカードを見る。Xはあなたがコントロールするアーティファクトの点数で見たマナ・コストのうちで最も大きい数に等しい。あなたはその中からアーティファクト・カードを1枚公開して戦場に出してもよい。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
1/3



特にムッツィオの場合、次の起動のネタにも利用できるので極めて強力。
そうでなくとも、自分のパーマネント数をコントロール出来るようにしておけば、相手のプレイを妨害できる。大いなるガルガドンやギックスのかぎ爪あたりは有力な候補かな?

Greater Gargadon / 大いなるガルガドン (9)(赤)
クリーチャー — ビースト(Beast)
待機10 ― (赤)
アーティファクト1つか、クリーチャー1体か、土地1つを生け贄に捧げる:大いなるガルガドンから時間(time)カウンターを1個取り除く。この能力は、大いなるガルガドンが待機状態である場合にのみ起動できる。
9/7



Claws of Gix / ギックスのかぎ爪 (0)
アーティファクト
(1),パーマネントを1つ生け贄に捧げる:あなたは1点のライフを得る。



勿論、ヘイト値はマッハなのでご利用は計画的に。








関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/585-a05667ea

これからアルバイト探し