【MTG】黒単ニクシリスデッキ「闇への宣誓」使用雑感【EDH】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG(EDH) » 【MTG】黒単ニクシリスデッキ「闇への宣誓」使用雑感【EDH】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】黒単ニクシリスデッキ「闇への宣誓」使用雑感【EDH】

以前青単の統率者デッキを買った際、ついでに黒単のも買っていたのでそちらも使ってみるあらすじ




なんやかんやで5種セットとは言え、値段が落ち着いてきているといったとこか。これなら5種セットで買ってみてもイイカモネ。
収録内容は前回同様既にリスト化されているので割愛させちくりー

統率者2014 収録内容




で、早速使用雑感

○クリーチャー主体で、死亡誘発を狙う戦略がメインの構成
大量にゾンビトークンを生み出せる可能性を秘めたグール呼びのギサやドローソースになり得るボーラスの信奉者でクリーチャーを死亡させた後、スカースダグの高僧でデーモントークンを出す……などなど一度クリーチャーが死亡し始めると、途端にループを生み出せる構成になっているのが気になった特徴。黒単らしい墓地依存という尖りっぷりを魅せつけてくれる。

gisagisa.jpg

Ghoulcaller Gisa / グール呼びのギサ (3)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)
(黒),(T),他のクリーチャーを1体生け贄に捧げる:黒の2/2のゾンビ(Zombie)・クリーチャー・トークンをX体戦場に出す。Xは、その生け贄に捧げられたクリーチャーのパワーである。
3/4


dagu.jpg

Skirsdag High Priest / スカースダグの高僧 (1)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)
陰鬱 ― (T),あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャーを2体タップする:飛行を持つ黒の5/5のデーモン(Demon)・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。この能力は、このターン、クリーチャーが死亡していた場合にのみ起動できる。
1/2


sinpou.jpg

Disciple of Bolas / ボーラスの信奉者 (3)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)
ボーラスの信奉者が戦場に出たとき、他のクリーチャーを1体生け贄に捧げる。あなたはX点のライフを得て、カードをX枚引く。Xはそのクリーチャーのパワーである。
2/1



とにかくクリーチャーのカードパワーが高めになっている感じ。これは統率者であるニクシリスがどっしりを構えていて、彼の使役するクリーチャー郡が蹂躙する、という雰囲気を意識しているのかなーなんて思う。


○墓地対策をされたらプレイヤーごと除去すれば良い
さて、そんな訳で墓地対策には極めて弱い。一応不安定なオベリスクで破壊はできるものの、基本的に墓地対策をされたら上記のシナジーはまず出番を無くすと思っても良い。

Unstable Obelisk / 不安定なオベリスク (3)
アーティファクト
(T):あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(7),(T),不安定なオベリスクを生け贄に捧げる:パーマネント1つを対象とし、それを破壊する。



ただ、そうなったとしても飛行持ちの強力なパワーを持つデーモンクリーチャーが多いため、墓地対策をしてくるプレイヤーを直接狙うという戦法を取っても良いし、荒廃の司教からの大量強請や不敬の命令で吸いきってしまっても良い。どちらにせよ多人数戦である事を意識した一撃必殺狙いもちゃっかり搭載しているのが中々イカしている。

hukei.jpg

Profane Command / 不敬の命令 (X)(黒)(黒)
ソーサリー
以下から2つを選ぶ。
・プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーはX点のライフを失う。
・あなたの墓地にある、点数で見たマナ・コストがX以下のクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す。
・クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで-X/-Xの修整を受ける。
・クリーチャーを最大X体まで対象とする。それらはターン終了時まで畏怖を得る。(それらは、黒でもアーティファクトでもないクリーチャーによってはブロックされない。)



○ニクシリスの使い勝手
niku_20141120205845f1a.jpg
さて、肝心のPW、ニクシリスさんについて。
全ての能力が殆ど場に影響を与えないPWといって差し支えないんじゃなかろうか、というレベル。
ぶっちゃけ地味すぎて存在を忘れられるぐらい。

ただし、うっかり大マイナスまでいってしまうと、デッキの構成上凄まじいアドバンテージを稼ぎ始める。クリーチャーを並べやすい事も追い風で、意外と生き残ってしまうことが多い。そう言った点では、青単テフェリーよろしくデッキ自体を支えてくれる中々いぶし銀なカードと言える。

隙あらば是非是非出してみませう

○総評
・黒単の特徴をこれでもかという程特化させた内容なので、取っ付き易い。
・使いやすいがその分弱点がはっきりしているのでその辺りをカバー出来るプレイングが必要。
・クリーチャー除去が多めなので、対クリーチャー戦は強め。しかし、相手も黒系のクリーチャーが多いと除去しきれない事もあるので注意
・デッキ自体はかなりのスロースターター、即死コンボは無い(Xマナライフロスがあるけど)のでのんびりどっしり構えて戦いましょう









関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/587-81b761ed

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。