【MTG】EDHのルール変更と対策【EDH】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» 未分類 » 【MTG】EDHのルール変更と対策【EDH】

【MTG】EDHのルール変更と対策【EDH】

どうも! こんばんわ!

皆の愛するEDHでちょっとルール変更があった模様。

MTG commander Forum

禁止は無い一方、大きいのは以下の点かな

統率者がライブラリー、もしくは手札に行く時代わりに統率者領域に戻す。


つまりサイクロンの裂け目から時のらせんを唱えたとしても、どちらにせよ統率者はライブラリーに戻らないし、呪文丸めでライブラリーの下に行くことも無くなったというところ。

主催者サイド?の意向としては「カジュアルよりのEDHプレイヤーの為」というところなのかな。好きな統率者を選んだのにライブラリーに行っちゃって2度と出てこれなくなった、なんて哀しみをもう背負う必要もないというか。

危険統率者の筆頭であるナーセットやデリーヴィーを使用している、いわゆるガチプレイヤーにとっては朗報だろうけども、そもそもその手の界隈にとってみれば「ライブラリーにいくのは甘え」ってところだろうし。もっといろんなカードを統率者にして遊んでくれようってお願いがフォーラムの方にはなんとなく散見される感じ。

とは言え厄介な統率者を抑えにくくなったのは事実な訳なので、対策になりそうな案を幾つか。

①ダークスティールの突然変異などで能力を失ってもらう。

EGrq3PXmrF_JP.jpg

Darksteel Mutation / ダークスティールの突然変異 (1)(白)
エンチャント — オーラ(Aura)
エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは基本のパワーとタフネスが0/1の昆虫(Insect)アーティファクト・クリーチャーであるとともに破壊不能を持ち、それはその他のすべての能力とカード・タイプとクリーチャー・タイプを失う。



突然変異ならさらに破壊不能をもたせられるのでより置物になりやすく。
呪禁などでエンチャント出来ない場合は直接場に出すか、いっそ謙虚を使うという手も。

91838_201303210009033568_2.jpg

Humility / 謙虚 (2)(白)(白)
エンチャント
すべてのクリーチャーはすべての能力を失うとともに、基本のパワーとタフネスが1/1である。




②そもそも唱えさせない
統率者領域に居る内に金輪際や翻弄する魔道士などで禁止させておくという手も。

o1s7nocacb_jp.jpg

Nevermore / 金輪際 (1)(白)(白)
エンチャント
金輪際が戦場に出るに際し、土地でないカード名を1つ指定する。
指定されたカードは唱えられない。



Meddling Mage / 翻弄する魔道士 (白)(青)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)
翻弄する魔道士が戦場に出るに際し、土地でないカード名を1つ指定する。
指定されたカードは唱えられない。
2/2




③プレイヤーごと除去る
1、ガチ統率者を使う相手を見つける
2、BhMgBDSCcAAd9yn.jpg




まあよりガチ統率者を使うプレイヤーが狙われやすくなったっていう味方も出来るし、いっそもっと自由に統率者を選んでも良いだろうね。どうせ複数人で遊ぶルールなんだから面白げのあるカードを使いたいじゃない(*´ω`*) 何が悲しくて毎回2~3ターンで終わるゲームに参加しなきゃならんのか


それではみなさん素敵なEDHライフを!








関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/592-47b45613

これからアルバイト探し