【Malifaux】12/5 50SS戦【ミニチュア】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» Malifaux » 【Malifaux】12/5 50SS戦【ミニチュア】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Malifaux】12/5 50SS戦【ミニチュア】

という訳でやってきましたMalifauxをしに柏へ。
初心者講習会も兼ねてとの事だったのだけどお相手は1人だったので1戦ガッツリ50SSで。何だかんだでお互い始めてやりあうモデルだったので、5時間程度の長丁場だったのがあらすじ。


(はじめに)
実は今回自分が使っていたモデルでルール上の誤りがあったのが後で発覚。具体的にはMaliufaux ratがRat kingに合体する条件。
実際はMalifaux Rat自身を含めた周辺3インチ以内に3体以上のRatが居なければならないところを、自身の数を入れ忘れて3体で合体させていた事に翌日気づくという体たらく。
とりあえず、今回の記事ではその時の状況そのままで書いています。
スタンダードエンカウンターから始まり、ファンクションがこちらはアウトキャスト、お相手がテンサンダーで開始。最近何かと話題のシェンロンが来るかなーと思いつつスキームストラテジーの決定。

ストラテジーはターフウォー。スキームはラインザサンド、ディストラクト、ブレイクスルー、アントラージ、テイクプリズナー。

ハーメルンクルー使う気まんまんだったので、ブレイクスルーは無理そうかなーと思いテイクプリズナー(対象Sensei)を選択。殴り倒せる気もしなかったので、まあ無難な感じに。あとはコンディションがつかないことを利用してディストラクトを選択。ぶっちゃけいつもディストラクトはうまく行っていないのでそろそろちゃんと取りたいですな。

なお当日の編成は以下の通り
Hamelin+Hannah+Nix+Desolation Engine+Obedient Wretch+The Stolen×3+Malifaux rat

SSを余らせるのは甘えと言わんばかりの雑編成。だがそれが良い。
KIMG0010.jpg

ちなみにこの日はネズミを合体させて召喚出来るRat Kingを使おうと40mmベースを用意したつもりが、ちょっとしたトラブルで使えなかったので相手の方から同サイズのベースのモデルを拝借することに、ネズミがイノシシになったけどまあマリフォーだからしょうがない。



KIMG0011.jpg
相手の方にはKill joyがいたものの、埋まったまま開幕。トラップがフロムザ・シャドウでこれ見よがしにどまんなかに居たので、まあアレ倒したら絶対出てくるネ!という感じ。パンチ力高いアレを放置しておくわけには行かないので早々にご退場願う為、トラップは速攻で落とす。当然Kill joyが出てくる。トラップを壊すついでに出したネズミに肉壁になってもらいこのターンはしのぐことに。



次のターン、予定通りKill joyさんにどつく。

とここで、「アタックフリップで13でました」
がまさかの4回連続というオーバーキルを叩きこんでKill joyさんには綺麗にご退場。オマケにアボミネーションとついでにネズミを出し、アボミネーションにはターフウォー獲得要員に。
KIMG0012.jpg

ただその先に構えるシェンロンがディフェンシブスタンスX3とか中々ロックな事をやり始めて中々ダメージが通らない! 試しにネズミでつっついてみるものの全く当たる気配は無し。一発でも当たればBlightedがついてRat kingで突撃出来るんですがね。。。

KIMG0014.jpg
KIMG0015.jpg
そうこうしているうちにObedient Wretchがsenseiにどつかれて退場。まあコスト分の仕事はしてくれたのでついでに出てきたネズミを周りのネズミに合体させて代わりのターフウォー獲得要員とする。


KIMG0018.jpg
ゲームも中盤になると、増やしてきたRat king達も大分良い感じに仕事をしてくれるように。
今回はお相手がラインザサンドを公開していたので、スキームマーカーを4つ以上置かせるわけには行かない感じ。Rat kingはスキームマーカーを破壊しに行けるので全体的に広がりつつ相手の置いていったスキームマーカー破壊要員として動かす。


KIMG0019.jpg
テイクプリズナーの対象であるSenseiがラインザサンド獲得もあってマップ中央に近づいてくる。このままだとテイクプリズナーの満点が取れなくなってしまう恐れが出てきた上、ラインザサンドのスキームマーカーを壊すのも同時進行でやらなければならない状況。
やむなくハーメルン自身が遠回りしてスキームマーカーを破壊しに。


KIMG0021.jpg
と思っていたらハーメルンのもとにSenseiが近づいてくる。という訳で今回HannahにつけていたアップグレードのVoid recordをためしてみることに。幸いディフェンシブスタンス多めのシェンロンクルー達はWpが6と割りと普通だったので手札の高いカードを叩きつけて成功、一時的に追放しつつ位置を微妙にずらしていく。

KIMG0022.jpg
KIMG0024.jpg
当面の危機は去ったところでシェンロンもターフウォーエリアから外す為、ハーメルンに引き寄せてもらう。ディフェンシブスタンスの壁を強引にぶち破ってついでにBlighted化。

KIMG0025.jpg
そうこうしている内に奥でこそこそしていたNixが等々Hansの狙撃の前に撃沈。まあ終盤で直接VPに関わる事ではなかったので、むしろそっちに気を取られていてくれたのは幸いかな-なんて。

KIMG0027.jpg
KIMG0026.jpg
最終的にHannahのVoid recordでSenseiの動きを封じつつテイクプリズナーをきっちり3点獲得。ディストラクトが全く無意味だった感じはあるけど7-6でなんとか勝ち。


そろそろディストラクト諦めたほうが良いんとちゃう? と思う気もする。ともあれハーメルンクルーの地味ながらも高いボードコントロール力を少しは活かせたかなーと思う所。










関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/609-a79abfe2

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。