【Malifaux】12/8 50SS ②【ミニチュア】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» Malifaux » 【Malifaux】12/8 50SS ②【ミニチュア】

【Malifaux】12/8 50SS ②【ミニチュア】

1戦目に引き続いて2戦目に突入。相変わらずのアウトキャストVSギルドである。

ストラテジーはターフウォーが出たけれども流石に連続しすぎぃ! という事でリプリップ。素直にリコネイターが出たのでこれはこれで良し。陣取り合戦なら負けないぜ! というところでさてどうなるかなー。
KIMG0031.jpg
KIMG0032.jpg
スキームはカーズドオブジェクト、ボディガード、ブレイクスルー、ラインザサンド、あと一つ忘れました()


とりあえず編成は
・ハーメルン
・ハンナ
・ニクス
・ディソリューションエンジン
・オベディエントリッチ
・ストーレンX3

お相手はルーカスを筆頭に、ギルドハウンドにウォッチャーというワラワラ編成に馬火力のペイルライダー! だがこちらもネズミからのラットキング、そしてディソリューションエンジンのアボミネーションパンチがあるので数をひっくり返すのは容易いはず!

ちなみにスキームはボディガード(ハンナ)にブレイクスルーを選択。バラけつつハンナに前線を突破してもらうという作戦に。

KIMG0034.jpg
KIMG0036.jpg
とりあえず当面の目標として正面右上の確保を確固たるものとするべくハンナとニクスを残しディソリューションエンジンとハーメルンで進撃。


KIMG0037.jpg
KIMG0038.jpg
ウォッチャーをハーメルンで引き寄せつつディソリューションエンジンでどついて前進。アボミネーションにさせてリコネイター確保を盤石のものとしていく。

KIMG0039.jpg
KIMG0040.jpg
KIMG0041.jpg
中盤戦になってくるとちょっと下のほうが手薄かなーと思いつつ。ディソリューションエンジンのどつきが楽しくてつい進みすぎちゃった(テヘ

KIMG0043.jpg
KIMG0044.jpg
案の定ウォッチャーが突破してきてスキームマーカーをバラマキに来る。これはブレイクスルーかな! と思いながらも数が多くて中々対処出来ない。

KIMG0045.jpg
そうこうする内に相手のリーダー、ルーカスが奥深くまで突入してきた。ラットキングが追いかけるもののラットキング側のMIレンジに収める事が出来ず。。。幸いリコネイターの獲得に影響は無かったものの陣取りの為の動きに戦力を割かれていく。


KIMG0051.jpg
KIMG0053.jpg
KIMG0054.jpg

後半に入ると、防戦に専念していたニクス、そしてラットキングも撃破され等々進行を抑える事が極めて困難に。
この布陣の中、ラットキングを突入させてスキームマーカー破壊するのも難しく、また恐らくボディガードの対象であろうペイルライダーを落とすのも。。。

という訳で後は立ち回りで確実にリコネイターを獲得しつつ、相手のストラテジー確保を妨害する作戦に。
いざと成ればディソリューションエンジンを破壊してアボミネーション2体にする事も念頭に置きつつ動かしていく。




KIMG0058.jpg
という訳でハンナは奥の方へスタコラサッサ。序盤にディソリューションエンジンがどついて出したアボミネーションも相手のデプロイメントゾーンに侵入させてブレイクスルー用のスキームマーカーを設置しに行く。

が、ここでルーカスの素晴らしい機動力が遺憾なく発揮される。Wk3回につづいてルーカスが下馬、マップ中央まで一直線!
このままでは残り2回のAPでスキームを妨害されてしまう!

KIMG0060.jpg
KIMG0061.jpg
ディソリューションエンジンで慌ててルーカスを捉えに行くものの、ディスエンゲージストライクもあっさり抜けられてしまってさあ困った。

……と思ったらここで問題が。
ルーカスの下馬はこれサモン扱いになる関係で、このターンインタラクトアクションが出来ない。

という訳でルーカスはそのままカバーに隠れてしまった。まああのまま1回ハンナが殴られていたらちょっと不味かったかも知れないと考えると、かえってディソリューションエンジンを向かわせたのは結果的に正解だったのかも。

その後、ハーメルンで再びディソリューションエンジンを引き寄せ、ついでにBlightedを付ける。実は手前のエリアが相手と同数だった為、このままでは確保出来ずストラテジーを獲得出来ない為、どうしてもこのターンディソリューションエンジンにはキルされてもらわなければならないのである。

KIMG0062.jpg
うまいことカバー無しで丸見えにしたところに晒した所、ペイルライダーが銃撃。ディソリューションエンジンのDFが低い上にその時の数字が極めて悪かった結果、ディソリューションエンジンのWdが半分まで減らされる。もう一発撃たれるかと思ったところで相手が自分のミスに気づいたようで2発目は無し。

が、残りのWdを減らすのはラットキングの役目! 直ちにネズミ軍団を合体させて、Blightedもちのディソリューションエンジンにチャージして2回どつく。当然数字を調整してエンジンを破壊し、アボミネーションX2(ついでにネズミも出して)無事にエリアを確保。

KIMG0063.jpg
ここでゲームが終了し、お互いのスキームが全く被っていた事が判明。まあ動きを見ればそれはね? という感じ。
結果として10-10で引き分け。大接戦の上のこの結末。

凄まじい疲労感と、そして充実感。スキームの選択はこちらがコンディションがつかないことを利用してカーズドオブジェクトにしておくのもアリだったかな? とも思う1戦ですた。





















関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/612-8433263e

これからアルバイト探し