【MTG】17/01/09の禁止改定&それについて思うこと② - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG » 【MTG】17/01/09の禁止改定&それについて思うこと②

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】17/01/09の禁止改定&それについて思うこと②

前回に続いて、今回はもう少し掘り下げて禁止カードに対する見解を、ウィザーズ社の姿勢をまじえて書いていきます。

禁止カードを出す理由。それは余りにも画一化されゲーム性が極めて閉塞的になった際の最終手段だというのが私の基本的な考えですが、そこには一言だけに収まりきらない様々な事情があるように思えます。

------------------------------

○禁止にされたカードは欠陥がある事には違いないが、悪ではない。

前回の記事では端的に言えば余りにも強すぎたカードだからこそ、禁止にされるという旨を書きましたが、そもそもウィザーズ社としてはスタンダード環境では10年に1枚禁止カードが出る程度にしたいというスタンスでいるようです。

参考:モダンにおけるデベロップのリスク

そうなると、スタンダードではその10年を待たずして2枚以上の禁止カードを出してしまった事になります。自分達で開発したカードを禁止にする事はそのカードが欠陥をもっていた事を公認してしまう事になりますから、これは大きなマイナスとなってしますのは間違いない事でしょう。

しかし、同時にカードを禁止する事自体は悪では無いとも思います。何故なら、MTGの開発に関わる人より、実際にMTGをプレイする人の方が圧倒的に多いからです。勝敗の発生するゲームにおいて、それを強く意識する人が現れるのはごく自然な事で、それが形になったものの一つが、GP等のトーナメントであると私は考えています。

さて、そんな中で何百、或いは何千とMTGがプレイされる訳ですからそこには開発陣が予期しなかったモノが生まれる事は大いにあります。アナログかつその流通量のため、アップデートをする訳にはいかない(もちろん、デジタルなものをアップデートをして内容を変える事は容易、という事を言いたいわけではありません)でしょうから、どうしようもなくなってしまえば、最終的に禁止という決断をせざるを得なくなります。

これは、見方を変えれば開発陣の期待以上のものがあったとも取れます。単純に開発陣の予想通りの内容で要求された展開だけが続くというのも味気ないものです。


それでも、今回のは少し例外というか、悪く言えばさじを投げてしまったとも取られるものでしょう。
ここ数年のMTGにおける、クリーチャー呪文と非クリーチャー呪文との強さの比較は明らかなものでした。クリーチャー呪文のパワーが向上するのに対し、非クリーチャー呪文は据え置きされているのが多く取り残されている印象は否めませんでした。

旧イニストラードでは比較的その差は落ち着いたものだと私は思っていましたが、あれから何年も経った現在、その印象が現実となって最高潮に達してしまったとも考えられます。

かつてのリシャーダの港に対するテフェリーの反応等といった露骨なアンチカードを待望しているわけではありませんが、私個人もう少し非クリーチャー呪文の向上や、かつての防御円しかり、色対策カードがあっても良いと思います。

さじを投げた、と私が書いた理由はここにあります。ここ昨今のスタン環境に上記の期待を反映したカードが無かった一方で、今回3枚の禁止カードを出してしまった事は、カードとは別のところにも欠陥があったように思えてなりません。ただ、最初にも書いたように、私は禁止自体は悪とは考えていませんし、裏切られた、と思っている訳でも決してありません(そもそも、今回の禁止カードは至極当然だと思っている一人ですし)。なるべくしてなってしまった、というぐらいです。また、開発陣の予想を大きく超えた反響があった事もまた事実の一つですから、今後もプレイヤー達を交えた健全なゲーム展開が行われる事を切に願うばかりです。



今回の思うこと一覧
【MTG】17/01/09の禁止改定&それについて思うこと①(前回の記事)
【MTG】17/01/09の禁止改定&それについて思うこと②(今回の記事)
【MTG】17/01/09の禁止改定&それについて思うこと③(次回の記事)






関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/637-69667756

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。