【Malifaux】Leveticus使用雑感【アウトキャスト】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» Malifaux » 【Malifaux】Leveticus使用雑感【アウトキャスト】

【Malifaux】Leveticus使用雑感【アウトキャスト】

マリフォーモデルの紹介5回目。
スチームパンクなサモナー爺さんことレベチカスについて。
--------------------

【マスター】 
< Leveticus >
IMAG0551.jpg


【火力】★★★★☆
・エラッタにより多少弱体化こそしたがアクティベーション時にfocusをつけられるアビリティとシビアダメージのデカさと相まって高い火力をもつ。レンジ攻撃もHard to kill及びHard to Wounds無視の安定したダメージソースになるのもポイント。


【防御力】★★☆☆☆
・Wpは高いがDFとWdが低い。Wdが0になった時に自動的にburyされる能力があるので、基本的にやられるという状況にはならない為ベーシックルールのSSならほぼ無敵だった。それからいくらかSSも代わり、VP獲得条件が「Wdが0になった時」に変わったことで大幅に弱体化する結果に。


【移動力】★★★☆☆
・HOLLOW WAIF経由でunburyして行くことで盤面を自由に往来する点は強いが、タイムラグがあるので先回りされてHOLLOW WAIFもしくはコスト6以上のモデルが除外されないようシビアな配置が求められる。或いはもう一つの(0)アクションを活用する事になるか。


【スキームストラテジー】★★★★☆
・コンストラクトもしくはアンデットならどのファンクションからでも雇用出来るトップクラスの編成の自由さで、どのSSでも満遍なくこなせる。本人はアタッカーというよりアサシンのような慎重な立ち回りをし、隙を伺いたい。


【出来る事】
防御面はやや不安要素が残るが一撃が重く、サモナーでもある。またスキームストラテジーでもあるようにコンストラクトorアンデットなら何でも雇えるという全マスターでも類を見ない編成の幅広さをもつ。ゲーム中もTaraと同様にburyとunburyを繰り返した神出鬼没な動きが可能だが、unbury条件が「HOLLOW WAIFの近くにコスト6以上のモデルがいる事」という限定的なものなので待ち伏せされないように。AIONUSといった「bury中のモデルへの攻撃が可能なモデル」との相性は最悪。

非常に多彩で魅力的な能力をもつが、それ故に非常に扱いにくいマスターと言える。







アウトキャストモデルの使用雑感まとめはこちら↓
【Malifaux】アウトキャストモデル使用雑感まとめ










関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/660-18481260

これからアルバイト探し