【Malifaux】Von Schill使用雑感【アウトキャスト】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» Malifaux » 【Malifaux】Von Schill使用雑感【アウトキャスト】

【Malifaux】Von Schill使用雑感【アウトキャスト】

アウトキャストモデル紹介の6回目。
今日は傭兵集団のボス、フォンシルについて。

--------------------

【マスター】 
< Von Schill >
IMAG0547.jpg


【火力】★★★★☆
・遠近問わず安定した火力をもつ。接近戦ではゲーム終了まで相手のDFを下げるトリガーもあるので、後続のモデルのアシストにもなる。また、チャージアクションを強化するアビリティをもつので、補足されにくく、思わぬ所から攻撃をしかけられるのが強み。また、(0)アクションでトドメを刺しに行けるので、相手モデルを除去する事への確実性がとても高い。

【防御力】★★★☆☆
・DF、WPともに高く、アーマー能力とパルス及びブラストからのダメージを無効化するアビリティのお陰でかなりの頑丈さをもつ。ご老体だからか、Wdが12と並なのでそこは気をつけたい。

【移動力】★★★★☆
・エンゲージしていてもチャージアクション可能な上、チャージによる移動の際にテレイン及びモデルを無視するのであっちこっちに殴りに行ける軽快さが強い。マスターが3APをもつことの重要性がとても良くわかる。

【スキームストラテジー】★★★☆☆
・戦闘向きなのはViktoria of Ashesと似ているが、あちらと違ってこちらは遠近ともに安定した火力が売り。機動力もある上、味方のFREIKORPSを強化出来るシナジーをもつ。全体強化しつつ率先して戦いに行き、隙を見て非戦闘系SSのVPを稼ぎに行ける使い勝手さがある。


【出来る事】
FREIKORPSに限らず周囲の味方モデルも強化出来る。相手の攻撃を恐れず、率先して前に出ていけるバランス重視の戦闘系マスター。ただし、基本的にこのモデル単体だと妨害手段が「相手モデルを除去する事」のみになるのだが、かと言ってViktoria of Ashesと異なり除去への確実性は欠けるのでそこだけは注意。スロウを与えたり、プッシュ移動させられたりする補助系のモデルはほぼ必須と思われる。
またアウトキャストマスター全般に言えることだがソウルストーンの手持ち分が少ない。このモデルも手持ちソウルストーンは1。トリガーは強いが如何せん自身がスートを持っている訳ではないので、何とかして開始時のソウルストーンは7の状態で始めたいところ。







アウトキャストモデルの使用雑感まとめはこちら↓
【Malifaux】アウトキャストモデル使用雑感まとめ











関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/661-6a2ed292

これからアルバイト探し