【Malifaux】The Nothing Beast使用雑感【アウトキャスト】 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» Malifaux » 【Malifaux】The Nothing Beast使用雑感【アウトキャスト】

【Malifaux】The Nothing Beast使用雑感【アウトキャスト】

アウトキャストモデル紹介も7回目。
今回からしばらくヘンチマンモデルについて書いていきます。

という訳で最初はThe Nothing Beastから。エラッタでヘンチマンに格上げされ、随分使いやすくいなりました。

--------------------

【ヘンチマン】 
< The Nothing Beast >
IMAG0201.jpg


【火力】★★★★☆
・Ca expert、レンジ3、さらに2/5/7ダメージと火力はトップクラス。インコーポリアルなので機動力も申し分なし。トリガーのburyが決まるかどうかは不確定要素が多いが、デフォルトでスートを持つ為積極的に狙っていきたい。

【防御力】★★☆☆☆
・Wpは申し分無いが、DFが手札分マイナス修正がかかる上Wdの低さが目立つ。

【移動力】★★★★☆
・Wk6かつインコーポリアルでベースの大きさが干渉しにくいところが強い。


【スキームストラテジー】★★★★☆
・足が早く接近戦も得意なので広範囲に渡って相手モデルを拘束したり、積極的な攻撃を仕掛けられるのが強い。脆さも逆手に取って、フレイムフォーマーダ―等の囮として活用しても良い。全体的にポテンシャルが高い。


【出来る事】
厄介な相手モデルをキルだけでなくburyも狙いに行けるパワフルなヘンチマン。数値こそ低いがテリファイリングを持つ等、単純な性能も高くTara以外のマスターと組み合わせてもその強さを発揮出来る。Jack Daw(というかそのトーテム)とのコンビは一種のハメ技を彷彿とさせる程。ただしインコーポリアルを無視するCaアクションやトリガー、アビリティ等を相手モデルが持っていないかどうかだけはきちんと確認して運用していきたい。(0)アクションに因るMIに対する反撃もあるのでハマる相手には恐ろしいほどハマる。

一方でDFへのペナルティやWdの低さはどうしようもない。最後まで運用するなら、VOID SHELDといったUGなどによる延命手段は必須。







アウトキャストモデルの使用雑感まとめはこちら↓
【Malifaux】アウトキャストモデル使用雑感まとめ











関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/662-6cc7606e

これからアルバイト探し