【ミニチュアゲーム】PP(Warmachine/Hordes)の戦略について等 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» ミニチュアゲーム色々 » 【ミニチュアゲーム】PP(Warmachine/Hordes)の戦略について等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ミニチュアゲーム】PP(Warmachine/Hordes)の戦略について等

最近何かと遊ぶ機会の増えてきたPP(Warmachine/Hordes)のゲームについて戦略とかそのあたりを書いてみようかなと思い立ったのがあらすじ。

Malifauxとは同じミニチュアゲームという括りとはいえ、ゲーム性はかなり異なる(むしろMalifauxの方がやや特殊?)ので遊び方から始まって結構考え方が違うな、というあたりを語る。

ンマー各モデルとかファンクションとかまで突っ込むとキリがないのであくまで概論になろうかと。
あと、どうしてもMalifauxと比較してのアイディアが多くなった。そのあたりはご愛嬌。


---------------------------

以下目録
①ターン制ストラテジーなので事前の計画はしっかりと。
②そのターン中に出来る事を段階的に考えてみる。
③突撃的な行動はハイリスク・ハイリターン
④ま、そういう事もあるよね










①ターン制ストラテジーなので事前の計画はしっかりと。

このゲームの場合『自分のターンに全てのモデルを動かす』事が前提で、一部の例外を除いてあまり相手のターンに動く事は無い。という訳で相手の行動を挟まないので自分のターンはやりたい放題である。まあ直前の相手のターンの動きで結構出来る事は制限はかかるけど

つまり、多くの場合計画通りに事が進む。言い換えればアドリブに期待するより、あたかも詰将棋のように確実なプランで詰めていった方がやりやすい訳である。








②そのターン中に出来る事を段階的に考えてみる。

で、じゃあ具体的にどうやって戦略を組み立てて行けば良いかである。
基本的にどれだけ戦力差やVP開いててもキャスターキルすれば価値なのでまずはこれである。
それが駄目ならVPが取れるか、それも駄目ならそれ以外の方法で考えうる最良の手段を講じなければならない。


キャスターキル出来る?→YES→YOU WON

NO

VP取れる?→YES→YOU WON

NO

その他の手段

ざっくり言うとこんな感じ。個人的にはWINよりWONが良い。
ところで実際にはVPとっても規定数に到達しない場合は継続なので実際はVPとその他の手段は割と同等な場合が多いと思う。

それはさておき、その他手段は多岐に渡る。それこそケース・バイ・ケースという訳。

上2つがシンプルなだけに、実際ここが一番悩む。そしてここでキャスターキルする為のアイディアが閃いたりもする。

ただ突き詰めれば

『このままだと負ける?』という問いに対してハッキリとYES or NOで考えても良い。

例えばVP差が開いててそのままターンを返したなら負ける予想が立つならそれを妨害しなければならない。また或いは、相手の攻撃の要となるモデルを破壊もしくは無力化する為に対応しなけばならない。

兎にも角にもここでのもたつきは意外と後に来る。ただの行動の浪費にならないように努めたい。








③突撃的な行動はハイリスク・ハイリターン

上でキャスターキルすれば過程はどうあれ勝ち、とは言ったものの、そんな訳でキャスター(もしくはウォーロック)は単独行動はしない。有り体で言えば火中の栗を拾うとかいうナントカで、非常にリスキーでもある。

相手からしてみれば「鴨が葱を背負ってくる」状況なので当然といえば当然なので、突撃的な行動、例えばキャスターも自ら前に出て殴りに行く、とか相手のモデルを無力化出来ないまま接敵してターンを終えるとか。

そういう行動のやめ時もここで並行して考えなければならない。リソース使ってブーストしたり追加攻撃したりは楽しいのでついついやってしまう(?)のだが好転が見込めないならそこでプランを切り替える勇気も必要だ。

どこぞの悪い人が言った「A、B、Cまで考えてCが駄目なら俺達が死ぬ時だろうがよ~」とはまさに至言である。
そう考えると、②で書いたその他手段の中でも優先順位がつく。

例えば相手の主力を、このまま攻撃してもどうせ削りきれないなら次の相手のターンで、相手がもくろんでいる行動の妨害を目指す、とか。







④ま、そういう事もあるよね

そして、ここまで大層なことを言っておきながら「それでも駄目な時は駄目」という結果もある。
どれだけダイスをふろうが全て1なら外すし、相手の出目がとんでもなく良くて味方モデルが一撃粉砕とか。

それでも、そうなればまた戦略チャートの練り直しである。キャスターキルが出来るか、駄目なら妨害出来るか。。。延々とその繰り返し。

とにかくひたすら計画と実行、そこに整合性を見出して行く。それが駄目なら、いっそ駄目も楽しむという訳だ。








関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/703-d80ace8f

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。