【MTG】歯と爪の活用法について真面目に考えてみる。 - 【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】

【MTGブログ】毎日がいつもの通り【他色々】 ホーム» スポンサー広告» MTG » 【MTG】歯と爪の活用法について真面目に考えてみる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MTG】歯と爪の活用法について真面目に考えてみる。

いやいや歯と爪が弱いんじゃなくてデッキ構築力がないだけですwww


と本気で思う今日この頃。
なかなか歯と爪が決まらないのでまじめに考察をしてみようと思う。
とりあえずパワー9てのを揃えればいいんだろう?

まず歯と爪について

メリット
・2体同時にどんなクリーチャーも場に出せる。
・どれだけ劣勢でも大抵出したそのターンに勝てる(いわゆる切り札)

デメリット
・マナコストが重い(緑ダブルで双樹を使うと計9マナ)。故に時間がかかると歯と爪を唱える前にやられる。
・歯と爪を落とされるときつい
・打ち消しに弱い



あれ? デメリットのほうがきつくないですか?ww


さて困った。


マナコストを序盤で増やそうとすると必然的にストームになるから結局ANT(アド・ストーム)にした方が良いし、第一歯と爪を引かなければダメ。ハンデスなんかされたら悶絶する。


結局、本気で勝ちにいこうとするとANTに行き着いてしまう。


ああ、それは悔しい。


やはり切り札を使って大逆転劇を見せるのがロマンというモノ。
そして前回の日記の通り資金力=強さではないところを魅せつけてやりたい。


なにより、レガシーのデッキ一覧に歯と爪が載っていないことがたまらなく悔しいのですww


たとえストーム寄りだとしても、歯と爪の為の準備だと言い聞かせたい。


なので、暫くは歯と爪デッキの構築に力を注ぎたいところなんですわww


(本音:歯と爪デッキ公開できねぇサーセンww)


とりあえずメリットは置いとくとしてもデメリットあたりから解消していこうとオモイマス。

ま、そのあたりは随時ということで。


どうか歯と爪がMTGのかなたに追いやられて、埋もれてしまいませんよう




MTG関係の日記はこちらから
MTG

ルール考察はこちら
MTG(ルール)







関連記事
コメント:
非公開コメント

トラックバック:

http://goingstones.blog.fc2.com/tb.php/92-ef0f967f

これからアルバイト探し
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。